ホーム>バンビーノクラブ日記>2004年6月

2004年6月

ファミリー・サポート 6月の保育記録より

ポーテージサポートは、発達に偏りや遅れのあるお子様のサポートです。ポーテージのお子様は、それぞれのお子様にふさわしいケアを必要とします。シッターはお子様の可能性をみつめて伸ばします。シッターとお子様の楽しく明るいふれあいを集めてみました。

「バスの中で・・・」

「バスの中で・・・」

6月24日(Mちゃん・8歳・記録M.M)

今日はバスに乗って帰りました。おともだちのママ、ともちゃんとバイバイできました。遠足に行ってからとてもおねえちゃんになったようですね。バスを待つときくまちゃんに「今日の日直はくまちゃんで~す」と先生になってくれました。「音楽をはじめま~す」と、きおつけ・れい もしました。一緒に遠足で遊んでくれたおにいちゃんとバスの中で一緒でした。二人とも仲良くくまやうさぎで遊んでいました。やさしいおにいちゃんが大好きなようでした。

「プール大好き」

「プール大好き」

6月19日(Rちゃん・7歳 記録 S.K)

黄色のジャンパースカートのお洋服がかわいらしく、笑顔もすてきに迎えてくれました。歩くのがとっても早くなりすぐにプールに着いてしまいました。トイレを済ませ、集合時間を気にかけていて何度も「集合?」と聞いていました。カードを2枚いれておいたのですがいつものカードをちゃんと提出していました。プールではとっても楽しそうでした。コーチに「ゴー!」と言われながらやっていました。水の中にもぐるタイミングが早くなったように見えました。コーチも帰りにほめてくれました。昼食はRちゃんのトレーを先に持って行っていすに座って待っていてくれました。京王ではおもちゃ・ペットよりも本が楽しいようで2回も行きました。

「長距離歩行」

「長距離歩行」

6月12日(Hくん・11歳 記録 S.H)

今日は久しぶりに長距離歩行を行い、Hくんはたっぷりと汗をかき少し足元がふらつくくらいまで運動することができました。今日は多摩川のほうまで行きました。諏訪2丁目から多摩川の土手にかかっている歩道橋にのぼりましたがそこは高さが通常の1.5倍ありました。そのせいもあって上から眺めた溝ノ口周辺はあざやかに感じました。Hくんも大喜びでした。

「階段のぼりにチャレンジ」

「階段のぼりにチャレンジ」

6月8日(Tくん・4歳 記録 R.M)

 車椅子に座るとうれしそうに声を出して、手足を動かします。おうちに帰ってお水を渡してもあまり飲みませんでしたが特に変わった様子はありませんでした。
 階段のぼりにチャレンジ。(シッターの)右足に右足を乗せると左足がヒョイッと上へ!3段めまでいきました。

「おそとでげんきいっぱい」

「おそとでげんきいっぱい」

6月3日(Hちゃん・6歳 記録 H.M)

 バスが到着しています。一緒にバスに乗ってきたお友達に「バイバイ」と手をふられると笑顔になり手をふっていました。
 学童についてシッターが指導員の方に車椅子の使い方などを説明しているあいだ、早く外に連れて行ってほしくて下駄箱からくつを出したり、手を上下させて人を呼んだりし、一生懸命にアピールしていました。少しだけ待ってもらいおやつまでの間、車椅子で散歩に出ています。
 公園に遊びに行きました。すべりだいであそんでいます。また、おともだちとも一緒にてつぼうに座ってあそんだり、ぶらんこでもとても楽しそうに遊んでいました。今日は公園ではほとんど散歩することもなく遊べていました。

「将来の英語博士」

「将来の英語博士」
  
6月2日(Sくん・12歳 記録 K.M)

今日気がついたのですがずいぶん日に焼けて顔が引き締まって見えます。新しい学級も経験して・・・。中学生らしくなりますね。
 基礎英語は朝やったからとパス。時間割をそろえてから、パソコンに久しぶりに向かっています。今、いろいろなことを英語で言うことにとても興味があり、砂が水を吸うようにどんどん覚えてしまいます。辞書で確認してはSくんに見てもらっています。