ホーム>バンビーノクラブ日記>2009年9月

2009年9月

「虫」

9月のシッティングの記録から

ファミリー・サポートの保育記録

「虫」

しじみちょう、ダンゴ虫、コオロギ、スズムシ、バッタ、あげはの幼虫・・・
今回の記録に出てきた虫です。虫とのふれあいの中から子どもたちはたくさんのことを学びます。(原文は少し変えてあります)

ちょうちょも逃がさなくてはいけないし・・・

ちょうちょも逃がさなくてはいけないし・・・

Rくん(5歳)記録:A.M.

駒沢公園へ出発。虫取りが楽しみです。
「何がいるかな?」と、バスに乗りました。草のあるところでしじみちょうがたくさんヒラヒラ飛んでいました。初めは網に入ったのにつかまえようとすると、アレレ、逃げてしまいました。何度もチャレンジするRくん。
ダンゴ虫、コオロギは手づかみです。帰宅。手洗い、うがいし、さあコオロギを出してあげないと、と優しいRくんです。
「でもちょうちょも逃がさなくてはいけないし」と悩んでいました。ちょうちょをベランダで放しましたが、飛んでいかないちょうちょもいます。
やっとの思いで逃がしてあげました。・・・
 

こおろぎかな~? スズムシかな~?

こおろぎかな~? スズムシかな~?

Kちゃん(6歳) Mくん(1歳)記録:K.Y.

(保育園から)家の近くまで帰ってくると、虫の声がしていて、それを聞いて「こおろぎかな~? スズムシかな~?」とKちゃん。
「もう秋だね~ 秋だよ~」と、Mくん。お二人とも虫の声などを聞いて季節を感じているのですネ。

 

バッタのプール

バッタのプール

Aちゃん(2年生)記録:H.F.

お友達の家でバッタを取りました。それから公園に行きました。公園では、取ったバッタのおうちを作ったり、バッタのプールを作ったりして遊びました。
Aちゃんは、「ウォータープールをつくろう」と言ってとても楽しそうでした。

 

あげはの幼虫

あげはの幼虫

Kくん(3年生)記録:N.M.

今日は“あげは”の幼虫を持ち帰りました。校庭の裏のほうに幼虫がいるのを友達が見つけ「ここにいるけど誰かほしい人いる?」と、聞いてきたのですが、誰もほしがらなかったのでKくんがもらうことになったそうです。
以前、飼っていた幼虫はカラスに食べられたりして育てられず「今度はうまく育つといいな~」と、うれしそうに虫かごを持ち帰ってきました。