ホーム>バンビーノクラブ日記>2010年6月

2010年6月

「虫 みつけた」

6月のシッティングの記録から

ファミリー・サポートの保育記録

「虫 みつけた」

子どもたちは「虫」とお友達。ねこじゃらしにいたカマキリの赤ちゃん、門の前にいた大きなアリ、雨の日のナメクジ、そしてカイコを学校から持ち帰り観察するお子様。すべてがわくわくする発見ですね。一部文章を変えてあります。

(Y.N.)

カマキリの赤ちゃん

カマキリの赤ちゃん

Mちゃん(3歳) Kくん(3歳) 記録:T.H.

今日は「つかまえられな~い!」と地面の小さなアリを目で追いかけるMちゃん Kくん。
パルシステムのトラックを見た私が「あっ モーモートラックだ!」と言うと、「ちがうよ」とKくん。
「じゃあ なんて言うのかな?」
「H(シッターの名前)ウシトラック」・・・
Mちゃんはねこじゃらしについていた
カマキリの赤ちゃんをみて、「ママとパパが帰ってくるの待ってるから一人なのかな?」と、言っていました。

 

2匹のアリ

2匹のアリ

Hくん(4歳) Mちゃん(8歳) 記録:I.T.

Hくんは幼稚園の門の前にいた2匹のアリを見つけ、「大きいのみつけたよ。幼稚園にいっぱいいるから、これも返してあげるね。」
と、優しくつまんで門の後ろに返してあげていました。
Mちゃんは学童の前にある、だいじに育てているきゅうりを見せてくれました。ご自宅に飾られているアルストロメリアやハイビスカス、つつじなどについても私に説明をしてくださいました。お花が好きなのですね。

 

ナメクジがいっぱい

ナメクジがいっぱい

Hくん(6歳) 記録:M.A.

学童の帰り道、公園の大きな杉の木の下にとても多き名水溜りが出来ていました。Hくんが石を投げるときれいな輪になって、ワーイとHくんのうれしそうな顔が本当にかわいらしくて思わず私もワーイと言ってました。
「今日は雨だからナメクジがたくさんいるよ! ほら、あざみの花が咲いてるよ!」今日はHくんにいろいろ教えてもらいました。
ありがとう! Hくん。

 

カイコの脱皮

カイコの脱皮

Yちゃん(8歳) 記録:R.A.

食後、ドレミファランドを聴きながら、知っている歌を歌ってくれました。
工作(紙皿でメリーゴーランド作り)をしました。
学校から持ってきたカイコが脱皮しました。
Yちゃんは見てすぐわかりました。私はびっくりしました。
ココアでチョコアイスを作りました。パパのも作るそうです。