ホーム>バンビーノクラブ日記>2012年1月

2012年1月

「本とお話」

1月のシッティングの記録から

ファミリー・サポートの保育記録

「本とお話」

Sちゃん、楽しい絵本を読 んだあと、次から次へあそびが展開していきます。Kくん、 すっかり絵本の世界の主人公になりきりました。Hちゃん、1分で宿題終了、あとは大好きな読書タイムですね。Sちゃん、シッターの語る「雪おんな」の始め を「それ、鶴の恩返しだよ。」と指摘。お話を聞きながら心の通いあう帰路ですね 。  
<文章は一部変更してあります>

(Y.N )

「バムとケロ」 シリーズ

「バムとケロ」 シリーズ

Sちゃん(4歳9ヶ月) M.M.

まずは絵本、私が家から持ってきた「バムとケロ」シリーズです。じっくり読みました。次に「マナー豆・匠」おはしで豆をつまんでいくゲームです。Sちゃ ん、お箸の使い方が上手ですね。紙を細長く手でちぎって遊びました。たくさん作って、その上にSちゃんが”巣“のように入ったり、体の上に載せた り・・・。
小さくちぎって紙ふぶきにしたり。これはおもしろい!!片付けがたいへんそうと思ったけれど、さっさとおかたづけもできました。

「こまったさん」 「わかったさん」

「こまったさん」 「わかったさん」

Hちゃん(小学2年生) C.K.

 昨日がママの誕生日でカップケーキをプレゼントしたり、きれいなワンピースを着て誕生日をしたからママがすごく喜んでくれたの、とHちゃんの話を聞きなが ら帰りました。・・・マンションの下の道路はまだ氷があって、明日の朝もスケートできるかなあと楽しみにしていました。おやつを食べたあと「今日の宿題1 分でできる」と終わらせてから「赤いくつ」を読み始めます。学校の図書館で借りてきた「こまったさん」「わかったさん」の本も読みました。

「ぴょーん」

「ぴょーん」

Kくん(1歳7ヶ月) M.O.

“ぴょーん”という絵本が気に入ってくれたKくん。ページをめくる度に手足を広げて一緒にぴょーんと元気よくジャンプの真似をしていました。まだジャンプはできないけれど、気分は誰よりも高く飛んでいたKくんでした。

ヘンゼルとグレーテル

ヘンゼルとグレーテル

Sちゃん(小学1年生)  I.T.

バスを待っている間「Tさん、今日のこわ~いお話はな~に?」「今日は外国のお話にしようと思っているの。」と答えると「ヘンゼルとグレーテル??」「え~っ どうしてわかったの?」と聞くと「前にも怖かったの。」お菓子をたくさん食べさせて太らせてから魔法使いが食べちゃうところがこわかったんだそうです。・・・
日陰に残っている雪の残りを踏みながらの帰路でした。