ホーム>バンビーノクラブ日記>2012年3月

2012年3月

「外あそび」

3月のシッティングの記録から

ファミリー・サポートの保育記録

「外あそび」

外あそびは、何よりも本物の自然に触れることができてお子様の五感をしなやかに磨くことができます。体力をつけたり、活発な活動をしたりすることもできます。 春とはいえ、風の少し冷たかった3月の外あそびの記録を集めました 。(文は一部変更してあります)

Y.N.
 

トットコ トットコ

トットコ トットコ

Mちゃん(1歳9ヶ月) K.M.

ベ ビーカーのMちゃんと代々木公園に行きました。公園の中ではベビーカーから降りて、一人でトットコトットコと先頭に立って歩きました。犬を見て「ワンワ ン」と指差したり、カラスの後を追いかけて走ったり、木切れを拾って土に絵を描いたりしていました。特に水たまりを気に入り、何度も何度も楽しそうにピ チャピチャと足で水を飛ばして遊んでいました。また、自転車貸し出しハウスが気に入って中に入ってかくれんぼをしたり、自転車の車輪を手でこいだりしまし た。

☆あんよのできるMちゃん。公園では犬、カラス、水たまりなど「本物」に出会えますね。
 

あせるのやめようね

あせるのやめようね

M ちゃん(1歳)  S.N.

今 日は風も少しでおだやかなので、抱っこして裏の公園へ。小さなかわいいお靴をはいたMちゃんは立ちました。植え込みのさつき、クルクル回って逃げていく落 ち葉、さわりたいのに足が動きません。少し向こうには4・5人の2歳、3歳の子どもが遊んでいます。シーソー、ブランコ、「オーオー」「ンン Mちゃ んー」というのですが、足が一歩も動きません。あせるのやめようね。Mちゃん。水道の水やブランコに乗って満足して帰宅しました。

☆立つことができると視野がぐんと広がります。いろいろなものにふれてみたいMちゃん。あせらないでね。

『足がいたくない~』

『足がいたくない~』

Oくん(小学校2年) S.A.

Hくんは、黄色いバスが出発するのを暫く待ってから、友達・先生を見送っていました。帰り道では今回特別に運動を楽しみました。内容は高い場所から飛び降りた時、体に負担をかけない着地の練習です。Hくんは「ほんとだあ~」「足がいたくない~」と、感動していました。

☆    高いところから飛び降りるとかかとから頭まで衝撃が走りますね。どんなこつがあるのでしょう?
 

『ハイキングしようヨ!』

『ハイキングしようヨ!』

Mくん(小学校1年) Y.I.

公園へ。サッカーボール、ダウンやお水 タオルをリュックに入れて出発しました。サッカーをしたあと、スティック、ロックさがし、ミュージカルごっこ。 「ハイキングしようヨ!」と言って自然とたわむれました。

☆なんと楽しい公園でのひとときでしょう! 自然とたわむれる体験、Mくんに豊かな感動を  を与えたことでしょう。