ホーム>バンビーノクラブ日記>2014年3月

2014年3月

ベビーシッター 2月の記録 テーマ「雪が降りました」

2月の記録から

雪が降りました

 

今年の2月は首都圏にも大雪が降りました。子どもたちは雪が大好き!

かまくら 雪玉 オリンピックも顔負けの滑降コースもできたようですね。

子どもたちの目が輝く雪の記録を選びました。(本文は少し変えてあります)(Y.N)

プレマシーの雪

プレマシーの雪

Hくん(6歳) Yくん(4歳) C.H.

☆Hくん
帰り道雪が降っていたので、大喜びで折り畳み傘を出してさして歩きました。風が強くて雪が横殴りでほとんど役に立ちませんでしたが、Yくんが駐車場の車に雪が積もっているのを見つけると
「プレマシーにも積もってるかな?」と急いで見に帰りました。
朝になったら凍っているかもしれないと楽しみにしていました。

☆Yくん
「Yくんカサ持ってこなかった~」
「Hさんカサ持ってる?」
と心配してくれます。一緒に入って帰りましたが、コートにもズボンにも雪がくっついて払いながら歩きました。

駐車場の車に少し積もっているのを見つけて、素手で集めて「冷た~い」プレマシーの上の雪を集めようすると、Hくんに「明日の朝までとっておこう」と言われて「うん、そうしよう!」と納得していました。

雪玉を作る

雪玉を作る

Eちゃん(5歳) Jくん(小学2年生) Y.M.

 

お迎えに行ったとき、雪はやんでいました。
途中、雪の積もったところがあって 2人で「冷たい!」と言いながら雪玉を作っていました。

初め「外が寒いよ~~」と言っていたEちゃんでしたが夢中で雪玉を作っていました。エアコンの室外機の上に置きました。

ボルトと桐生の競争

ボルトと桐生の競争

Hくん(小学校1年生) T.T.

 

学童お迎え。元気なHくんが早速新しい歴史本を見せてくれると話してくれました。目白駅方面から帰宅しました。

先日の雪で作った「かまくら」はくずれており「ミニ滑降」ができるように急斜面になっていました。

2・3人女子がいましたが、上って滑ることをやってみました。

あっという間に「終了」で笑ってしまいました。

楽しいひとときです。

雪のない道では「ヨーイ!! ドン!!」ボルトと桐生の競争です。あっという間に自宅につきました。

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

Kちゃん(5歳) N.E.

外は雨と雪の間のようなものが降っています。

Kちゃん「おおかみこどもの雨と雪みたい」 と。
そして「こないだ夜更かししてみた」とストーリーを教えてくれます。
ところどころうろ覚えになっている私にわかりやすく教えてくれて、
「最後 ちょっと泣いちゃった」のだそうです。

・・・しばらくトランプやオセロをしていて・・・
外を見るとびっくりするほど雪が降っていて、
「ちょっと行ってみようっ!!」と、二人でキャーキャー騒ぎながら雪が舞う中を走り回ってきました。

 

*「おおかみこどもの雨と雪」
おおかみこどもを育てる母とおおかみこどもの強いきずなに勇気をもらえるアニメ映画です