ホーム>バンビーノクラブ日記

バンビーノクラブ日記

お迎え

4月のシッティングの記録から   お迎え

「今日はそんなに遅くなかったね」

Hくん(4才)  記録:K.F.

保育園にお迎え。・・・「長靴がいい」というので、長靴にしました。雨はほとんど降っていませんが、傘をさしたがるので、傘をさして歩きます。開いたり閉じたりも上手になりましたね。
「緑の電車は遅いからイヤ」といいますが、何とかいつもの経路で乗り換え。気分的なもののようで「今日はそんなに遅くなかったね」と、言っていました。

 

「前から覚えて練習したから!」

「前から覚えて練習したから!」

Kくん(3才)  記録:Y.I.

保育園お迎え。帰宅途中に郵便屋さんのバイク2回と、新聞屋さんのバイク1回、そして佐川急便を2回見て、K君とっても喜んでいました。行った後もしばらく見ていました。
K君は本を見ないで、木やモノレール、駅、駅のイスを真剣に書いていました。「K君、見なくても書ける」と言ったり、「前から覚えて練習したから!」と、元気に言っていました。すごく力強い絵ですね。

 

「小さいころの身長は?」 

「小さいころの身長は?」 

Sくん(小学校1年) 記録:Y.T.

学童で指導員に「さようなら」と元気にあいさつをして帰宅しました。宿題のあとは、紙に路線図をえがき始めたので「私の駅は横浜で川崎までJRに乗ったよ」というと、横浜駅を書き足してくれました。
夕食中は「Tさんって○○歳?」と年齢を尋ねたり、「Tさんの小さいころの身長は?」「小さいころはどんなキャラクターのハンカチ持っていたの?」と私に興味を示してくれたようです。

 

お買い物

お買い物

Mちゃん(小学校4年)  記録:M.N.

お迎え。「今日は南門開いているかな~」と言うと「今日は開いてなくてもいいんだ~」とMちゃん。久しぶりに『じゃりば』に行くとのこと。じゃりばに行き、スクールバンドで使う楽譜入れ専用ファイルを購入予定だったのですが、薄いタイプも厚めのタイプも予算に合わず購入は断念。チョコを買って店を出ました。
通りに出たら餃子屋台車と遭遇。Mちゃんいわく「1ヶ月に1回くらいしか来ないから・・・」「お母さんに聞いてみる?」といったら「うん」の返事。お母さんからOKが出たことを伝えると、とてもうれしそうでした。「明日餃子食べれるかな~」とウキウキしていました。

 

子どもとのふれあい

3月のシッティングの記録から   子どもとのふれあい

ブラーン ブラーン

Rくん(2才) 記録:M.K.

久しぶりに代々木公園の近くの公園に行きました。駅近くの“春の小川トンネル”はお気に入りで“ちゃかな(魚)”“カメさん”など
一つ一つ絵を見ながら進みます。・・・公園ではブランコにゆられて楽しんだ後、次は私に座れ・・・・ というので座ったらRくんが「ブラーン ブラーン」と
言いながら一生懸命私の背中を押してくれ、感激しました!

 

思いがかなえられて良い日

思いがかなえられて良い日

Nちゃん(7才) 記録:M.U.

「今日はね。私がなりたいと思っていたことがかなえられて良い日」とNちゃん。
“おわかれ会の実行委員”になれたそうです。「どんなことをやるのかな?」
「ゲームの進行、写真を撮ったりいろいろ」だそうです。
 

お店屋さんごっこ

お店屋さんごっこ

Mちゃん(10才) Sちゃん(7才)記録: M.M.

Mちゃんは完成間近の編み物を一生懸命やっていました。
Sちゃんは私と食べ物のお店屋さんごっこをして「高~い!」「安~い!」と大はしゃぎ!
次は本の読み聞かせをしてくれました。とっても上手なのでもう“ビックリ!!”です。
先生みたいですね。合計5冊でした。
 

ごっこあそび

2月のシッティングの記録から   ごっこあそび

宅急便かな?

Aくん(2才)  記録: M.S

Aくんが玄関のチャイムの音を絵本で鳴らしたとき、私が一度間違えて玄関に行きかけたのが面白かったらしく、何度も「お客様が来たかな?宅急便かな?」のごっこ遊びをしました。
電車ごっこや料理ごっこをして、Aくんはできたてのおかずを「コレ あっつい」と言って気をつけて食べていました。

 

ひとりはハンサムな人 もうひとりはハンサムじゃない人

ひとりはハンサムな人 もうひとりはハンサムじゃない人

Sちゃん (4才)  記録: I.T.

まず最初はハム太郎ハウス。
・・・次はままごと道具を出してママと姉妹のごっこ遊び。
それが終わったら中華屋さんごっこ。Sちゃんがお店の人になります。お客様は二人連れの男の人です。
なんと「とみたさん、ひとりはハンサムな人、もうひとりはハンサムじゃない人。両方とみたさんね!」むむっ、大変! 
さらにこのハンサムな男の人は間違って女性用トイレに入ってしまい、店員さんにきつくしかられたのでした。

ミニカー

ミニカー

Sくん(7才)  記録: Y.N.

仮面ライダーディケイドの絵を書きながら「じいじがディケイド書いたの見せたらやっと『カッコイイ!!』と言ってくれた!!」と嬉しそうでした。
ミニカー一台ずつを人間に見立てて、一台をSくん、もう一台を(友達の)Yくんということで、話が始まりました。
ごっこ遊びの中のSくんはなんでも自分で、おけいこもお手伝いも勉強もさっさとできる子どもですが、YくんはSくんと反対でお母さんに注意されたりしていました。