ホーム>バンビーノクラブ日記

バンビーノクラブ日記

10月13日(金) Mちゃん 7歳 (記録:H.M)

10月13日(金) Mちゃん 7歳  (記録:H.M)

学童前で待っていると、すぐに気がつき、一瞬の笑顔を見せてくれたMちゃん。でも、お友達に「ダレー??」などと言われ、大照れで、歩く足もスピードアップでした。(中略)やはり今日は初日だったので、ちょっと緊張している様子でした。食事後はMちゃんの好きな雑誌を一緒に見たり、そこに登場するマスコットを作ったりしました。次第に慣れてきたようで、自分から好きな遊び、好きなものなど教えてくれたり、手品をみせてくれましたよ。
 

ファミリー・サポート おもしろいことば の保育記録より

子どもの言葉に耳を傾けてみましょう。びっくりするようなことばに、思わず笑い崩れたり、苦笑したり・・・。忘れてはいけないことは、子どものほうがずっと大人のことばに耳を傾けている ということです。

9月15日 Tくん2歳 (記録:K.M)

9月15日 Tくん2歳           (記録:K.M)

カタコトが進化して、よくしゃべって、かわいい盛りですね。「あみ(危)ないですよー」「バックオーライ いたよ」「パンダは?どこ」「ごめんね」「いいよ~」「どうじょ」「バスきたよ」・・ずいぶん成長しましたね。食事の時、クチュクチュと上手にぶどうの種を出すので褒めました。1粒ぱっくり食べてしまうと、きまり悪そうにじーっと目を見て、へへへと照れ笑い。いけなかったと思うんでしょうね。

*カタコトの出る頃の男の子はやんちゃ盛りでもありますね。ぶどうの種を出せる2歳さんはなかなかいませんよ。

9月15日 Yちゃん9歳 Mちゃん4歳 (記録:S.N)

9月15日 Yちゃん9歳 Mちゃん4歳   (記録:S.N)

Mちゃんお迎え。
「M、手ケガしたの知ってる?」とMちゃん。
「ひじ?」「ちがう」「うで?」
「ちがう。手のうら!打ったの。お姉ちゃんを追いかけてたらガタガタ道で転んだの。」
「追いかけっこしてたの?」ときいてみると 「うううん(違う)。お姉ちゃんのことが大好きだから近くに行きたかったの。」とMちゃん。
大好きなお姉ちゃんと遊べるのであれば、きっとすり傷も減っちゃら(?)ですね。

*5つ年上のお姉ちゃんは、Mちゃんにとってきっと憧れの存在なんですよね。

9月13日 Mちゃん11歳 (記録:R.N)

9月13日 Mちゃん11歳           (記録:R.N)

Mちゃん5時頃から隣の部屋でバイオリン練習です。1時間近くがんばっていましたので、理由を聞くと「ストレス解消になるから!」とのことです。「それはいい事を発見したね」と私も嬉しくなりました。

*小学生はいろいろ忙しいんですもの。ストレスの溜まることだってありますよね。バイオリンがストレス解消なんて、素敵です。心もすっきりきれいになりそうです。
 

9月12日 Rちゃん4歳  (記録:M.S)

9月12日 Rちゃん4歳          (記録:M.S)

チューター:お稽古の始まりと終わりはきちんと挨拶ができ、チューターの間の言葉遣いもとても良く、「○○するんですか?」と、ていねい語を使っていました。
夕食:オムライスが美味しかったようで、はじめにパクパク食べていました。「ウインナーもおいしいね。これ、二子玉川の高島屋で買ったの」と教えてくれました。

*ていねい語が使えるようになったおしゃまなRちゃん。お母様と行った「二子玉川の高島屋」でのお買い物は、きっととってもたのしかったんでしょうね。
 

9月8日  Mちゃん2歳 (記録:K.N)

9月8日  Mちゃん2歳          (記録:K.N)

ディズニーのビデオを見ながら「Nさん、知ってる?見たことある?」「初めてだわ。楽しそうね」「みんな踊っているわよ」
一緒に歌ったり躍ったり、ママが座布団を敷いておいてくださいましたが、どうしても動きが激しいMちゃんは台所の方までダダーっと走り出して行くのです。楽しくて止まらないのです。食後は2階に上がりました。「あら、お家ができてるのね」久しぶりのお人形のおうちにうきうきしています。ドラえもん、プーさん、ミッキー、ミニー・・・みんな一緒。Mちゃんがお母さんで、わたしは料理当番なのです。「何かないですか?」「ハイ、おすしはいかがでしょう。デザートもこんなにいっぱいございますが・・・」「わあーたくさんですね。さあみんな、食べましょう。」しばらく遊んでから
「わたし病気なの。Nさん治してください。」

* Mちゃんがお母さんで、シッターさんはお料理当番でお医者さんですか。とっても楽しそうなMちゃんの口ぶりが聞こえてくるようです。

9月6日 Nくん1歳 (記録:N.M)

 9月6日 Nくん1歳          (記録:N.M)

雨が降りそうなので早めに外へお散歩に。「Nくん、でんでん見に行こうか?」と言うと、にこにこっと笑顔に。外へ行くとなにやらいっぱいおしゃべりしてます。「電車きたよー、でんでん」と近くで見るとうれしそうに「○×●“B□×・・・
でんでんっ!」目をまんまるくして私の顔を見ながらおしゃべりしていました。

* 少しずつ言葉が出るようになったNくん。1歳児さんはぐんぐん成長しますね。おもいきりおしゃべりできるようになる日が待ち遠しいです。
 

ファミリー・サポート 病児・病後児 の保育記録より

夏のお子さまは色々な病気にかかります。手足口病 ヘルパンギーナ プール熱 とびひ 夏風邪・・・・。自宅でシッターさんと過ごす時間はお子様にとっても癒しの時間。時にはビデオもみたりして、ゆっくりと回復へと向かっていきます。

「手足口病」

「手足口病」

8月30日 Yちゃん1歳    (記録:H・O)

私の顔を見るとママにくっついて泣いていましたが、ママが出勤すると泣き止みました。テレビを静かに見ています。・・・下高井戸駅まで散歩。通る京王線、世田谷線を飽きるほど見ていました。雨がポツポツ降ってきたので、早足で帰ってきました。
テレビを見たがりますが、Yちゃんの見たい番組はやっていないので、怒って泣きました。本を読みましたが、お外へ行きたがります・・・。

*電車を見ながらYちゃんの夢は広がっていきます。