ホーム>子育てエッセイ>2000年3月

2000年3月

留守番電話の声の主

2000年3月号

『留守番電話の声の主』 ベビーシッター 中島 昌子

先日、とてもうれしいことがありましたので、聴いていただきたくてペンを取りました。

シッティングを終えて帰宅する途中、自宅の留守番電話を聞いてみると、女の子の声で私宛のメッセージが入っていました。しかし、何度聴いても聴き取れません。自宅に戻ってからも何回も再生してみましたが、やっぱりわからず考え込んでいたちょうどそのとき、電話が鳴りました。出てみると、なんとその声の主。それは、私が5年ほど前にレギュラーで伺っていたお宅の女の子からのものでした。当時彼女は小学1~2年生。1年近くのシッティングの後、事情でほかの方に代わってもらうことになったのでした。

その後も何度か年賀状や暑中見舞いのやり取りをしていたのですが、お互いに引っ越したりした事情もあって、連絡が途絶えていたのです。時折、「どうしているのかな」と、思い出しはするものの、連絡もつかずそのままになっていました。

ただ、住所は変わっても自宅の電話番号は変わっていなかったので、彼女が勇気を出して電話をしてくれ、再びつながることができたというわけです。

それだけでもとてもうれしかったのですが、その後お手紙が届き、「中島さんは、いつまでも仲良しです。」「お返事をください」というメッセージも受け取りました。本当に心からうれしくて、早速私もお手紙を書きました。これからも、彼女とはいい関係で接していけたら幸せです。

ファミリー・サポートのシッターさんは心温かい人ばかりなので、きっと皆さん、同じようにすばらしい体験をたくさんお持ちだと思います。新しくベビーシッターになられる方にもこのような幸せな機会がいっぱいあることを祈ります。

また、私たちシッターとお客様とをつないでくださるスタッフの皆様に、いつもいつも感謝しています。おかげで私は、いつでもどこでも「ファミリー・サポート」を自信を持ってアピールできます。そのためにも、私自身、質の高いシッティング、愛情深いシッターを目指して、今後も努力していきたいと思います。

なんだかまとまりのない文になってしまいましたが、うれしさのあまりどうしても報告したかったので書かずにいられませんでした。風邪が流行している季節ですので、皆様も健康に気をつけられますように。

※20代後半になったシッターと、今はもう小学校6年か中学生になろうとしている一人っ子の女の子とのうれしい再会のお知らせでした。人間関係がぎくしゃくしている中で、「いつまでも心を開いて話せるお姉さん」と女の子の心の交流、読んだ私も思わずうれしくなってしまいました。(中舘)