ホーム>子育てエッセイ>2000年9月

2000年9月

新しい仕事に再びチャレンジ

2000年9月号

『新しい仕事に再びチャレンジ』 中舘 慈子

目覚めると、2年前にも訪れたフィレンツェの中心街の部屋にいた。2年前と変わったことといえば、古い木製の窓の外に藤がやわらかい曲線を描いていること。蒼い翳りが、扇風機が無くても過ごせるほどのさわやかで乾いた風を送り込む。
成田空港を出て直ぐに出された機内食の途中で眠り込み、気づいたときにはデザートごと無かった。それから約20時間の旅を続け、娘に連れられてこの部屋にたどり着くと共に眠り込んでしまったのだ。時がゆっくりと流れている。緑に包まれた窓辺で、私はほっと自分を取り戻している。
忙しい日々だった。走り続けてきた。ベビーシッタ-会社を設立して7年目、年商も目標値を超えた。多くのよいスタッフに恵まれ、毎日の仕事を誠実に続けてきた成果だと思う。(社)全国ベビーシッタ-協会理事の一人として活動する中で業界としての「ベビーシッタ-」認定資格制度の確立、「ベビーシッタ-」の本の出版の夢も叶った。
「3歳までの子育ては母親が家庭で行うべき」という考え方が一般的な時代、私も末娘が小学6年になるまで専業主婦として3人の年子を家庭で育てた。しかも転勤族の妻であった。そのとき実感したことでもあるが、「母親」の無償の愛情だけでできるほど「人を育むこと(子育て)」は生易しいものではないと思う。赤ちゃんとの会話だけで一日が終わり、社会からぽつんと取り残されたような閉塞感、焦燥感にさいなまれることもあった。
『1997年の経済企画庁の調査によると第一子が小学校入学前の女性のうち、子育てに自信がなくなることが「良くある」「時々ある」と答えたものの割合が、有職者で半数、専業主婦では7割にも達している。』と「平成10年版厚生白書」に述べられており、『育児不安や育児ノイローゼは、専業主婦に多く見られる』とある。
今、日本はかつてない少子高齢化社会を迎え、少年による残酷な犯罪などが起きている。乳幼児期の子育てを「母親」だけに任せておいて良いのだろうか。私は働く両親の子育て支援はもとより、家庭で子育てをしている母親も含め、すべての家族に対する心理的な子育て支援が必要だと思う。従来の日本の保育制度は認可保育所を中心とした施設型保育によるものであった。たとえば0歳児1人、1ヶ月あたり数十万円の公的補助が国と地方自治体から行われていることをどれほどの方がご存じだろうか?この恩恵を受けられるのは一部の家庭だけである。在宅保育サービスは、あらゆる子育て中の家庭がいつ
でも利用できる。このようなサービスを、利用しやすい料金で提供できるように、これからも保育バウチャー制度や育児保険制度を提言していきたい。
2000年夏、再び新しい仕事にチャレンジする。「カーサデルバンビーノ」という名前の「子どもの家」の設立である。場所は、自宅の最寄駅小田急線の新百合ヶ丘。季節の花に囲まれた美しいカーサにしたい。子どもたちにとっては寛げる楽しい場所、大人達には子育てに夢の持てる場所となればよいと考えている。

具体的には次の3つのコースを考えている。

  1. 2~3歳児対象のプレスクール
  2. 幼稚園・小学校の放課後のためのスクール
  3. 子どものための文化教室

(日本文化の伝承をするための能教室・華道教室 英会話教室 等)
この他に、カウンセリングルームも設けたい。一時的に預けたい人のためのコースも設けたい。今回のイタリアへの旅は、トスカーナの小さな町、レッジョ エミリアの幼児教育について取材をするためのものである。「自己責任の国」イタリアと日本とは幼児教育の手法や考え方は自ずと異なってくるだろう。けれども、世界中で注目されているレッジョ エミリアの幼児教育のように、自分で考えて工夫する力を育む環境を与えること、心行くまで自分のしたいことに熱中できる場を与えること、教師は子どもの活動を後ろから見守り助ける存在であることが今の日本の幼児教育にも必要なのではないかと考えている。私の新しいチャレンジと模索はこれから始まる。

神奈川銀杏会会報8号(2000年8月発行)掲載