ホーム>子育てエッセイ>2001年1月

2001年1月

21世紀 どんな夢がありますか?

2001年1月号

『21世紀 どんな夢がありますか?』 中舘 慈子

20世紀は、激動の時代でした。前半は大戦がいくつもあって、国と国とが人を殺し合い、大地を汚染しあいました。後半は科学技術,情報、医学などの大きな進歩がありました。今の日本は清潔で便利、世界中のおいしいものが食べられ、美しいものもあふれ、物質的に豊かな国です。
でも、どうしてでしょうか。「21世紀にかける夢は?」と、自問自答したときに、ふと立ち止まってしますのです。医学の進歩により、寿命が延び、クローン人間の出現や超高齢出産が可能になるかもしれない。IT革命による情報化がさらに進み、シッティングの状況がリアルタイムで手元の携帯電話で見られる日も間近いかもしれない。
でも、本当に望んでいる「夢」とは何なのでしょうか?夢を持てるほど 夢が多いほど幸せだとしたら、100年前の人たちの方がひょっとして幸せだったかもしれない、もう少し貧しかったころの日本人の方がひょっとしたら幸せだったのかもしれないと思います。空を飛びたい、便利に暮らしたい、情報を知りたい、おいしいものを食べたい、暖かい家に住みたい…たくさん具体的な夢がありましたから。
人生は自分の外…社会的名声 豊かな生活など… にもあり、自分の心のうちにもあると思います。21世紀に探す「夢」「幸せ」は心の内にあるものかもしれない。

2001年21世紀の最初の年、子育て中の皆様、ファミリー・サポートのスタッフやシッターさん達と一緒に「21世紀の夢」を探し続けていきたいと思っています。
子育てやホームページに対するご意見をどんどんお寄せください。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。