ホーム>子育てエッセイ>2002年6月

2002年6月

2002-06-01

2002年6月号

『子どもを非行化させるコツ』

チーフサポーターさんから、こんな便りが来ました。「先日 藤沢のM ちゃんのシッティングで行った児童館にあった『子どもを非行化させるコツ教えます』というプリントをいただいてきました。ファミリー・サポートのお客様にはあてはまらないことばかりですが、2番目の『がまんさせること』は、幼児期にきちんとしつけられていたほうが良いと、小学生のシッティングをしていると感じることがあります。なんとか若いお父様、お母様に伝える方法は無いものかとコピーを送らせていただきます(T.U)」参考までに、全文を載せてみました。

『子どもを非行化させるコツ』

子どもを非行化させるコツ教えます ―実態から見たベスト10-

小田原少年院

  1. 1 幼いときから冷たく放りっぱなしにせよ。遊び相手になるとかスキンシップは全く無用。
  2. 2 欲しいと言ったら何でもすぐ買い与えよ。がまんさせることは絶対に禁物。
  3. 子どもの間違いや失敗は理由を問わず叱りとばせ。口で言うよりひっぱたくほうがいっそうよい。
  4. 子どもがどこで何をして遊ぼうが気にとめない。遊び仲間についても全く知る必要がない。
  5. きょうだいやよその子と比較して、おまえはバカだ、だれだれを見習え! を連発せよ。
  6. 忙しいのに食卓のだんらんなど無駄。子どもの話題や関心など無視すれば良い。
  7. 子どもが善いことや努力をしてもめったにほめるな。むしろ、ごまかしや裏切りなど悪事をうまくやったら必ずほめよ。
  8. 子どもの前では決して夫婦間の意見を一致させるな。特に父親は難しい問題からうまく逃げよ。
  9. お金こそ人生のすべてであると身をもって教え込め。宗教や精神生活を軽蔑させよ。
  10. 子どもの前で常に法律、警察、学校、役所の悪口を言い社会のきまりや公共機関への敵意を植えつけよ。

もし、以上のすべてを忘れたとしても、次のことだけを心がけるならば、非行化は効率よく進むだろう。
"いつも夫婦仲悪く暮らし,憎しみあい、できれば不貞をはたらき、大人のエゴをむき出しにすること"