ホーム>子育てエッセイ>2003年10月

2003年10月

卒乳~おっぱいミルクからの卒業~

2003年10月号

『卒乳~おっぱいミルクからの卒業~』中舘慈子

10~12カ月:15%1歳ごろまで:45%2歳まで:30%いつまでも:10%

これはあるサイトで100人のママに「おっぱいやミルクをいつまでにやめたいですか?」ときいたアンケートの結果です。
昔は「断乳」と言われ、1歳になったり下の子どもができたりすると、お乳に怖い顔を描いて乳離れをさせたこともありました。今では無理やりにお乳から離す必要は無いということから「卒乳」という優しい言葉も使われ、母子手帳からも「断乳」の言葉が消えました。
でも、子どもが欲しがればいつまでもあげたいと思うお母様が10%ほどいらっしゃるのが少し気になります。何がなんでも1歳までに卒乳しなければならないことはありません。けれども、少なくとも2歳になるまでに、卒乳の準備をしましょう。たとえばお子様の気に入りそうな新しいコップを用意して、「おっぱいや哺乳ビンはバイバイね。」とほめてあげると「コップで飲むってすごいな!!」と、すんなりおっぱいや哺乳ビンから卒業できるかもしれません。計画的に、段階を追って卒乳するケースもあります。お子様の個性にあった方法で、お子様の気持ちを汲み取りながら、自然に幼児食になり、コップでミルクを飲めるようになるとよいですね。
いずれにせよ、大切なのは日々の赤ちゃんとの生活。あまり「卒乳」にとらわれずに、2度と訪れない小さな我が子との1日1日を楽しく過ごしてください。