ホーム>子育てエッセイ>2004年7月

2004年7月

赤ちゃんがやってきた

2004年7月号

『赤ちゃんがやってきた』 中舘慈子

いよいよ陣痛が始まったという娘からの電話を受けた。明日香医院の大野先生の指示通り臨月になっても毎日2・3時間の散歩を続けており、体重も数キロしか増えていないとはいえ、出産は命がけのこと。大きな期待とかすかな不安を抱きながら時の経つのを待った。アジサイの花の色鮮やかな初夏の日のことである。熟睡できぬまま白々とした明け方を迎えたころ、娘から元気な声で「産まれたよ!」という電話がかかってきた。「いつ?赤ちゃん元気なの?」「10分前。」まさか、本人からこんなに元気な電話があるとは思っても見なかった。男の子で2780グラムだったということを聞いたのは、安産の喜びに浸ったあとだった。男女の別については事前に知らせることなく出産後両親が直接確認するというのもいかにも大野先生らしい。

病院の分娩台ではなく翠の木漏れ日の入る部屋で、先生や助産婦さん、夫の援助の中で赤ちゃんは「自分の生まれたいときに自分の力で」自然に生まれてきた。会陰切開をすることもなく、出産後十数時間の新米ママはにこにこと元気な赤ちゃんを抱いてリビングに歩いてきた。病室というよりもふつうの家の一部屋での「母子同室」で、4日目には自宅に帰った。

「母乳が出すぎる!!」と新米ママは悲鳴を上げている。赤ちゃんがアレルギーにならないために母親の食事制限は厳しい。「たまご」「牛乳」「小麦粉」「肉」を含む一切の食べ物を排除することとなった。しかし、これらを除いたメニューがなんと豊かにあること!!ご飯魚野菜を中心とした食事は、さらさらの質の良い豊かな母乳に変化するようだ。

「粉ミルク」が普及する前、自宅でお産婆さんが赤ちゃんを取り上げてきた時代にふつうに行われてきた子育てをしているのかもしれない。おむつだけは紙おむつにして、ただし赤ちゃんが不愉快そうな顔をして「取り替えてちょうだい」と泣いたときには即替えるようにしている。

人生の最初の時期、生後1~2ヶ月は、赤ちゃんにとっても画期的な時期だと思う。快適な胎内から光音やざわめきにおいいろいろな人の顔や声・・・の聞こえる世界にきて、自分で呼吸をして自分でお乳を飲まなければならず、服を着
せられるのだから。この時期は思い切り抱きしめ、限りない愛情を注いであげたい。「ようこそ!赤ちゃん」という感謝の気持ちをこめて。感動した瞬間があった。赤ちゃんが「知ってるよ!!」という顔をしたのである。それは、胎内で聞いていた音楽を聞かせたときのことである。自然な出産とあふれるような母乳のおかげかもしれない。赤ちゃんは機嫌がよく、よく眠りよくのみ、よくおむつを汚してくれ、ときどきかわいらしく微笑んでいる。

「お産の家」明日香医院