ホーム>子育てエッセイ>2006年11月

2006年11月

今、学校で苦しんでいる子どもたちへ

2006 年 11月号

『今、学校で苦しんでいる子どもたちへ』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

いじめ自殺が全国各地で相次いでいる。私自身、いじめられたことがあるので、連日、いたたまれない思いでいる。これまでいじめに関する記事を何度も書いてきたが、多くは大人や教育関係者を対象とする一般誌・専門誌で書いたもので、今、苦しんでいる子どもへ向けて、直接書いたものではなかった。このエッセイを読む方の多くは、お子さんがいる方々だと思う。だから、この場を借りて、どうしても子どもたちへ向けて最低限つたえたいことを簡潔に書きたい。これは、これまでに現役中学生や教育関係者から聴いた意見をまとめたものである。もし、身近な子どもが学校の人間関係で苦しんでいたら、このメッセージをつたえてほしい。

①ひとりで我慢していては絶対ダメ。家族や塾の先生など、信頼できる大人、友人に打ち明ける。

②「チクッた」と、さらにいじめられることを恐れてガマンし続けない。勇気を出して先生に訴える。担任が信頼できなかったら、ほかの信頼できる先生に訴える。

③その後、学校へ行くのが怖かったら、しばらく学校を休む。被害者が学校を休むことで、学校もようやく事態の深刻さに気づき、より真剣にとりくむ。強気だった加害者側も、弱気になる。

④もし、先生から指導を受けた加害者側が、さらに攻撃してきたら、先生にその旨つたえる。要は、加害者側に「こいつは、やられっぱなしじゃない」と理解させること。

⑤先生に相談後、いじめは終わったけれど、「チクッたから」と、クラスでひとりぼっちになるケースもある。でも、このまま、いじめられつづけるのと、仲間外れと、どちらがよりつらいかを考える。しばらくは仲間外れでも、少しずつ、心ある同級生が声をかけてくることは多い。

⑤もう、その学校へ行くのがどうしても嫌、または無理なら、転校すればいいことである。現在、転校は決して難しいものではないし、決して「逃げ」ではない。新しいスタートである。

⑥もし、学校という場そのものに恐怖や絶望を抱いているなら、学校へ行かなければいい。現在は、学校に代わるフリースクールがあちこちにある。学校へ行かない間はフリースクールに行けば勉強はつづけられるし、友達もできる。出席日数としてカウントもされる。

⑦自殺は最大の親不孝である。親にしてみたら、子どもに死なれてしまうことを考えたら、転校・留学はもちろん、遠くの街へ引越すことさえ、なんでもないことを、つねに自覚する。買った家だから、引っ越せないなんて思わない。引っ越したら、元の家は人に貸せばいい。

⑧転校・留学、不登校、引越しは決して「逃げ」ではない。まずは、自分が安全地帯に入り、加害者側に「自分がどれだけひどいことをしてきたか」を自覚させる手段である。 ⑨もし、お父さんが会社が嫌で自殺したら「会社なんて、他にもいくらでもあるのに」と思うはず。それと同じで、学校なんて他にいくらでもある。

⑩あと3年生きれば、今の何倍も住む世界が広くなる。「あの頃は、学校なんていう超狭い世界の中だけでのことで、なんであそこまで苦しんだんだろう」と、必ず、必ず思えるようになる。

履歴書

2006 年11月号

『履歴書』 中舘  慈子

びっくりした。電車の中でまつげを塗っている姿にはなれているけれども、今朝の電車で、履歴書を電車のドアにくっつけてどうどうと書いている女性がいたのである。氏名  生年月日  住所  電話番号  学歴など、ほかの乗客から丸見えである。びっくりしてみている若い男性の目も気にせずに、揺れる電車の中で履歴書はできていく。ここまで個人情報を公開して大丈夫なのだろうか・・・?  ちなみに 22 歳。

毎日、シッターの応募者の履歴書を見る。1 通から多い日には 10 通くらい目を通していく。中には、近くのスターバックスあたりで書いたようななぐり書きのもの、他の会社に持って行こうとしたものを持ってきたもの(志望理由が他の業種のものとはっきりわかる)もある。真っ先にお断りしたい。

シッターは子どもの命を預かる仕事である。たとえ、一日 2~3 時間の仕事であっても、バイト感覚、ボランティア感覚でしてはならないと、研修で繰り返し伝えている。シッターになるには、保育サービスの仕事にプロとして取り組む真剣さ、ご利用者の皆さまのニーズに応えようとする受容の精神、子どもに対する温かい愛情などさまざまな条件を満たしていることが必要である。

履歴書 1 枚。学歴や職歴・資格を見るだけではない。1 枚の紙にその人の人柄がそのまま入っている。
今朝の女性。もちろん不合格である。どんな職場の面接に行ったのだろうか?

バンビーノ子育て相談シリーズ 4 吃音

2006 年 11月号

『バンビーノ子育て相談シリーズ 4    吃音』

回答者  中舘  慈子

Q.
もうすぐ 3 歳になる男の子です。最近少しどもることがあります。幼稚園に入る前に矯正したほうが良いでしょうか?  どのようにしたら直すことができますか?

A.
様子を見せていただきました。あわてると少しどもることもありますが、いつもどもるわけではありませんし、ゆっくり話すときには、全く問題ありませんね。
言いたいことが山のようにあって、それをあわてて伝えようとするときに、ことばがスムーズに出ないことがあるのだと思います。今の様子ですと、気にしなくても良いレベルのものだと思われます。
「幼稚園に行くから、どもるのをやめなさい。」「もう一度言い直してごらんなさい。」というようなことを強く言うと、かえって緊張してなおりにくくなります。ご家庭で、ゆっくりとお話を聞いてあげてください。ときどきどもっても直す必
要はありません。

お母様が心配されるお気持はよくわかりますが、あまり気になさらずに、楽しい時間をたくさん持つようにしてください。いつか自然に消えていきます。

赤ちゃん連れの外食

2006 年 11月号

『赤ちゃん連れの外食』   

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

友人から河口湖のリゾートホテルの割引券をもらったので、先週、思いきって行ってきた。ベビーカーを押しながら湖のまわりを半周し、美しい自然とおいしい空気を堪能する。芝生の上に転がって、ごきげんな娘の笑顔を見ていると、「やはり子どもには、自然が一番」という気がする。ステレオタイプだが、「子どもを自然の中でのびのび遊ばせる」ことが、「子どもの健全なる心身の成長」を促す気がして、親も自己満足感にひたれ、幸福な気持ちになる。

湖畔の観光客用のお店は混んでいたので、帰り道に、どこかで遅いお昼を食べていくことにした。赤ちゃん連れの外食は、かなり店が限定される。まず、①子どもが多少ぐずったり、泣きだしても許されるくらい、ある程度にぎやかな雰囲気と客層であること。そしてできれば、②ベビーカーを椅子がわりに持ちこめること(娘はまだ、おすわりがしっかりできないので)、③禁煙、もしくは分煙されていること、などがあり、これらをすべて満たすのは、たいていファミレスである。だが、せっかくの旅行中の食事がファミレスでは味気ない。良さそうな店を探しながら車を走らせるうちに、午後3時を過ぎてしまった。

空腹を抱え、結局、ビストロ風のお洒落な外観からして、「ここは、赤ちゃん連れは迷惑だろう」と最初にパスした洋食屋までひきかえした。幸い、営業中である。9キロの娘をだっこし、勇気を出して店の重たいドアを開ける。店内に入るやいなや、店の40代くらいの女性が「いらっしゃいませ~。あらぁ、かわいい~」と笑顔で迎えてくれ、ほっとした。すいていたので、ベビーカーを持ちこんでもよいか訪ねたら、「いいですよ。だっこしながらじゃ、お母さんも落ち着いて食べれないでしょう」と言って、椅子をどけてくれた。注文後、早速保冷パックから昨夜つくった離乳食をとりだしたら、まだ冷たい。両手でつつんで少しでもあたためていたら、その女性が「よかったら、あたためますよ」と言ってくれ、カウンターの厨房で小鍋にうつして温めてくれた。夫と私が食事している間、その方が娘をあやしてくれ、おかげでおいしい料理をゆっくりと味わうことができた。ちょうど、すいている時間帯だったこともあるが、この女性のおかげで、いつもは食べた気がしない赤ちゃん連れの外食を、はじめて楽しく感じた。

湖散策も美術館巡りも楽しかったが、この優しく、あたたかく、おいしかったひとときが、今回の旅行の、なによりの思い出だ。