ホーム>子育てエッセイ>2008年3月

2008年3月

『全社イベントに行ってきた』

2008年3月号

『全社イベントに行ってきた』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

 

去る2月24日、あの突風の日に2008年度のファミリーサポート全社イベントに出席した。駅に着いたら、なんと電車が止まっている。最寄の地下鉄の駅までタクシーを飛ばし、埼玉から地下鉄を3本乗り継いで、会場である「青山こどもの城」にようやく辿り着いた。

まず、中舘社長による各部門の活動報告がはじまった。聞きながら、ファミリーサポートという会社は私が漠然と思っていたよりもずっと「スゴイ」会社なんだなぁと改めて感じた。事業の規模も、めざす質の高さも。現在、304人ものシッターを抱えていることも、ひとりで月に20件以上のシッティングに対応しているシッターがか大勢いることも、はじめて知った。いったい、どれほどの数の子ども達が、ファミサポのシッターと共に成長して行ったのだろう。日本一の子育て支援会社の一員であることが誇らしくもある。

2時から、「サービス業に従事する者として」というテーマでのパネルディスカッションがはじまる。皆、同じようなことに不安や疑問、喜びを感じているんだとわかり、うれしかった。シッターのような「基本ひとり」の仕事にこそ、こういう場が必要だと思う。

帰り道、スタバの前を通りながら、数年前、まだひとりで生きていた頃、夜間シッティングの帰りに、よくスタバで珈琲を飲んでいたことを思い出した。三十過ぎて、よその家のお風呂を洗い、子どもを入浴させながらシャワーを向けられ、ずぶぬれになって怒りまくる自分を、滑稽かつ哀しく感じることもあった。でも、あのシッティング経験、そしてたくさんの子ども達との出逢いがあったからこそ、わたしは今、自分の育児や子ども全体に対する「客観性」を多少は身につけている。すべての女性が母親になる前にシッター経験を持てたら、と切実に思う。

子どもの手が離れたら、いつかまた、シッターにカムバックしたい。ある程度の収入と、私自身の成長と、精神的な幸福を得るために。