ホーム>子育てエッセイ>2008年9月

2008年9月

『娘家族との同居時代』

2008年9月号

『娘家族との同居時代』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

 

先日、学生時代からの友人に第二子が生まれ、赤ちゃんフェチの私は、いそいそと遊びにいった。友人は第1子が産まれたときに、実家を2世帯住宅に建て替えて御両親と暮らしている。実の両親との2世帯は快適なようで、煮詰まることもなく育児を楽しんでいるようだ。御両親も、それまでの夫婦ふたりだけの生活から、実の娘と、かわいい孫娘達との暮らしになり、幸福そうである。

この友人に限らず、私の周囲には、実の親と同居(2世帯を含む)、もしくはスープの冷めない距離に住んでいるママ友が非常に多い。田舎の親が自分達のそばに引っ越してきたというケースもあるほどだ。いっぽうで、夫の両親のそばに住むママは少数で、日本文化の変遷を感じずにはいられない。かつては息子が親のそばに住むのが一般的だったが、今は娘のほうがそばにいる可能性が高いのだ。しかも、結婚した娘をなんとかしてそばに置いておきたい親の気持ちもやたらと強く、そのためにはお金も惜しまない。

「そのほうが嫁姑問題もなく、娘の夫は仕事で家にいる時間が少ないから気を使うこともあまりないので、万時うまくいく」という意見に押されて、娘家族との同居は、今後、益々普及していくだろう。たしかにそうだなぁと思いつつ、私は一抹の懸念も感じている。

昨年、離婚した友人は、元夫とぎくしゃくしはじめた頃、「俺がいなくても、君はたいして困らないよな」と言われたという。「家もあるし、階下には経済力もあり、子育てにも協力してくれる親がいるから仕事も両立してるし、俺がいなくても困らないだろう」と。話を聞きながら、一家の大黒柱どころか、家庭における自分の存在意義を感じることができなかった、その元御主人の孤独がわかる気もした。結婚した娘と親とがいつまでもべったりでは、娘夫婦の絆は深まらない。その危険性を娘の親は常に心にとめておく必要があると思う。