ホーム>子育てエッセイ>2009年5月

2009年5月

『娘の集団生活デビュー』

2009年5月号

『娘の集団生活デビュー』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

 

私は、自他共に認めるマイペース人間である。といっても人づきあいが嫌いというわけではなく、1対1の人間関係は、むしろ好きなほうだ。だから、さまざまな人に個別に会って話を聴くライター業は天職だと思っている。けれど、集団で群れるのは好きじゃない。「人間5人集まれば、必ずなにかしらもめる」と思ってしまう悲観的なところがある。

私もふくめて、多くの女性には「集団のなかでは必ずどこかのグループに属さなければ」「ひとりでいるのはみっともない」といった強い思いこみがある。ゆえに、学生時代は女子特有のグループごとの対立や派閥関係のなかで、けっこう嫌な思いもしてきている。だから、社会に出てからは、できるだけ集団に身を置かずにすむ生き方を選んできた。

いっぽう、夫は小・中・高校は野球三昧で、大学時代は応援団、大企業に勤務と、こてこての「集団OK人間」だ。気配りと協調性にたけ、チームスポーツが大好きである。迷わず結婚を決めたのには、「夫婦そろって『おひとりさま』では、子どもの教育にもよくない。この人とならバランスがとれる」という思いもあったからだ。

先月から3歳半の長女が保育園に通うことになったのだが、これも夫の強い説得があって実現にいたった。まだ、通い始めてまもないが、今のところ、娘は保育園通いを嫌がっていない。園庭の遊具やおもちゃで遊ぶのが楽しいようで、先生いわく、全然、泣くこともないそうだ。

ほっと安心したのもつかの間、園で写ったのか、2週目にひどい風邪を引いた。3日休んで治り、また通いはじめたら、今度は熱がつづき、結局、一週間休んだ。新しい環境に慣れるのには、やはり時間がかかりそうである。あせらずにゆっくりと、娘の集団生活デビューを見守っていきたい。そして、どんなに家の外でつらいことがあっても、帰宅すれば明るい気持ちになれるような、楽しい家庭を築いていきたい。