ホーム>子育てエッセイ>2009年12月

2009年12月

『はじめての七五三をへて』

2009年12月号

『はじめての七五三をへて』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

 

先月、もうすぐ4歳になる長女の、はじめての七五三を祝った。まず、私は朝8時に予約してある近所の美容院に行き、着物の着付けとヘアメイクをしてもらう。その後、車で迎えにきてくれた主人、娘達、夫の両親と共に、写真スタジオへ向かった。

まず、衣装室に入って長女に着せるお着物を選ぶ。はじめての着物を着て、髪もアップにして着替え室から出てきた娘は、親バカながら、やはり愛らしい。姑ときたら、目を細め過ぎて顔全体がとろけてしまいそうだ。はじめに、主役である長女ひとりの写真を何ポーズか撮ることになる。ごきげんに撮影スタッフの指示に従う娘を見守りながら、「おおきくなったなぁ」と、親として万感の思いが押し寄せる。

次は全員での撮影だ。長女を真中に立たせて、左右の椅子に舅、姑が座り、後列に私、そして次女をだっこした夫が立った。次女もドレスを着せてもらっているのだが、なかなか髪が伸びず、よく男の子と間違えられる容姿なので、かわいそうだが全然似あってない(笑)。撮影中、前に座る姑と舅の白髪まじりの頭を見ながら、長女が特に大きな病気もケガもせずに、ここまで大きくなるのに、ずいぶん二人に世話になってきたなぁと思った。

撮影終了後、パソコンの画面で写真を見て、希望する写真を購入する。全員の写真を見つめながら、「私もすっかり『松本家の嫁』って感じだな」と思う。伊豆の親に会うのは年に1、2回だが、隣り町に住む夫の両親には月に4,5回は会い、子どもを預かってもらい、そのうえ、姑の手作りのお惣菜までもらっている。

 

写真のなかで、よそゆきの服を着た舅と姑は、着物姿の長女をはさんで、なんとも幸せそうに笑っている。日頃の感謝をこめて、焼き増しを頼む。(焼き増し代1枚4000円×4枚で16000円なり…)。あちこちに見せては孫自慢する姑のうれしそうな顔が、今から目に浮かぶ。