ホーム>子育てエッセイ>2010年3月

2010年3月

『友と成長』

2010年3月号

『友と成長』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

 

今日、20年来の友人から、無事、第一子を出産したメールが届いた。うれしかった。メールを見つめながら、さまざまな感情や思い出が押し寄せて、しばらくの間、ぼんやりしてしまった。

異なる大学に通う彼女と私は、サークルの同期として出逢った。才色兼備な上、誰にたいしても丁寧で親切な彼女は、みんなから好かれると同時に、一目置かれていた。当時の私はと言えば、対人沈黙恐怖症を自ら疑うほど、常にしゃべりまくっては周囲をうんざりさせ、思ったことをそのまま口にしては顰蹙を買うという、実に救い難い存在だったが、そんな私とも彼女は1対1で親しくつきあうほど、寛容だった。

今、思えば、小学生の頃からずばぬけて勉強ができるがゆえに、周囲から浮かないよう、人の何倍も「いい人」でいる努力をしてきたのかもしれない。卒業後は宝くじ的倍率を突破してアナウンサーになり、女子アナタレント全盛の時代に、知性派として異彩をはなってきた。

かつて、10~20代の頃、彼女と接する中で、自分の知識の無さ、深みの無さ、そしてなにより人間性の低さを噛みしめた瞬間が幾度かあった。「あたしって本当にダメ…」と、打ちひしがれたことがあった。

だけど今、この年になって思う。自発的に、心の底から深く、自己を省みたときこそ、人間が真に成長するときでもあるのだ。だから、そのようなチャンスを授けてくれる友に青春時代に出逢えたことは、実は大変な幸運なのである。反省し、改心する機会に恵まれず、物事がうまくいかないたびに周囲や社会のせいにしていたら、私は決してライターとして生計をたてられるようになるまでにはいたらなかっただろうし、夫と心が通いあうこともなく、子ども達にも出逢えず、親しい友人もなく、孤独に押しつぶされていたかもしれない。それを思うと、怖い。

いつか、彼女の息子が言葉がわかるようになったら、伝えたいことがある。あなたのお母さんに出逢えて、おばさんは運がよかったと。