ホーム>子育てエッセイ>2010年11月

2010年11月

『私学VS公立』

2010年11月号

『私学VS公立』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

 

この2カ月間、関東の私立中学校の入試説明会をいくつも取材し、リポートを書く仕事をしている。私は小・中・高とも公立に通っていたし、子ども達も、そのつもりだ。本音を言うと、子ども達本人より母親達のほうがヒートアップしがちな小・中学校の「お受験」には、あまりいいイメージを持っていない。だからこの仕事は気が進まなかったが、名門私立校の校舎を一度見学してみたいというミーハーな動機で引き受けた。

かれこれ10校近くの入試説明会に行ってきたが、私学がこれほどお金がかかるとは知らなかった。学校によって多少の差はあるが、特に初年度は、入学金、制服関係、授業料、施設(維持)費、旅行積立費、鞄・教材費、その他諸費用などで100~130万近く支払うのである。特に施設(維持)費と海外研修費が高く、正直、こんなに立派な造りのホールも、2週間の海外研修もいらないのに、と思ってしまう。

だが、今回の仕事をつうじて、私学ならではの良さも少なからず実感した。最大の長所は、「いじめ」や「不登校」などの、生徒達の人間関係の問題への対応姿勢である。「いじめは『ある』という前提で対応する」という教員の言葉が心強い。私学においては、生徒が自殺なんてしたら学園存続の危機に関わるため、必然的に真剣に取り組むのだろう。

実際、「絶対私学派」の保護者には、この点を第一理由とする者も非常に多いという。学費捻出のためにパートに出る母親も少なくないそうで、「私学=裕福な家庭の子弟」とは限らないことも、今回はじめて知った。生活指導の徹底、塾に頼らない密度の高い授業、充実した補習カリキュラムなども、私学の魅力のひとつだと思う。

かくして、我が家の教育計画は、「高校までは基本公立。だが、もし、子どもが切実に転校を希望したら、私立への編入もやむを得ない。そのためにも、今からお金は貯めておかねば」となっている。