ホーム>子育てエッセイ>2011年4月

2011年4月

原発という戦場

2011年4月号

原発という戦場

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

 

先日の夜、友人から涙声で電話があった。どうしたのか訊ねると、ご主人が3日前から、仕事で福島第一原発の現場にいるという。その行き先を聞いた瞬間、砂を食べたような胸苦しさが押し寄せた。「そうなんだ…」それ以上、何も言えず、重苦しい沈黙がしばらく流れる。

彼女のご主人には結婚式も含めて何度か会ったことがある。「素朴」という言葉がよく似合う、メーカーに勤務する理系エリートだ。こんな身近な人が、あの恐怖の現場にいるなんて、信じられない思いだった。

「…行かないでくれって言ったのよ」沈黙を破ったのは彼女だった。「でも、俺だって行きたくないよって怒鳴って、一週間分の着替えの荷物つくってくれって言われて、嫌だって言ったら、自分で荷物まとめて、出てっちゃったのよ」彼女の泣き声を聞きながら、その情景がありありと浮かんで、やるせない気持ちになった。

「子どもは?」ふと心配になって聞いた。彼女には10歳の息子がいる。「実家。私が泣いてたら、なんでって思うでしょ。でも、パパはあそこにいるなんて言えないし、言いたくない」「…うん」それしか言えず、仕事の邪魔をしてごめんと詫びる彼女に、いくらでも聞くから気持ちを話してくれと促した。内心、自分の夫が原発に関連した仕事じゃなくてよかったと、心底思っている罪悪感もあった。

「一度、夫から電話があって、けんかになったら、現場には独身の若い男も大勢いるんだよって言われたわ。これから子どもをつくる奴らは、被ばくが何倍も怖いんだよって…」。彼女の話はリアルで、その分怖い。電話を切った後、ひんやりと感じた。「なんだか戦争みたいだ…」。

今、原発の現場にいる人達はまぎれもなく、国を守るために命がけで戦う戦士なのだ。職場からの電話一本で現場に向かわざるを得ない会社員達は、かつて召集令状1枚で戦場にかりだされた兵士に似ている。

安全地帯にいる私が、彼らに対してできることなどなにもない。ただただ、無事を祈ることと、心が欲しくてやっているからの感謝と深い敬意を表することしか。そんなもの彼らは求めていないし、何かのではないことくらい、わかってはいるが。

 

 

大震災で学んだこと

2011年4月号

大震災で学んだこと

古島直子(バンビーノ・クラブチーフサポーター)

 

先日東北関東大震災のとき、4歳のお子様のシッティング中でした。エレベーター前、10階で地震発生!地震の揺れにお子様は「キャツキャツ」と笑い、地震の怖さを知らず楽しんでいる様子でした。その時、お子様の命を守ることと同時に地震後のお子様の後遺症の心配が頭をよぎりました。

お子様には「絶対手を離さないこと」「非常階段でおりて外に出ること」を伝え、階段を下りて無事避難することができました。お母様に連絡をしましたところ「地震がおさまったら自宅へ戻ってください。後はお任せします。」と、言われました。マンションロビーで待機中もロビーのシャンデリアがゆれていることを何度も確認しながら、お子様に紙とボールペンを渡しました。「ママとパパにお手紙を書くね!」と集中して書き始めました。

ママには「ママだいすきだよ。そとにいるときじしんこわかったよ。」

パパには「した(ロビー)にいるよ。パパだいすき。」

と、それぞれ似顔絵付きで描かれていました。お父様とは連絡がつかなかったため、自分の居場所を手紙で伝えていたのかもしれません。

少しでもリラックスして休ませてあげようと「何があっても絶対に私は側にいるし離れないから安心してね!」と言って一緒に座っているソファーに横になったお子様に私の上着をかけました。「あったかい。」と、とても気持ちよさそうに上着の中にもぐったり顔を出したりと無邪気な笑顔を見せてくれました。「今日はソファーがおうちだね。ずいぶん小さなおうちだね。」と声をかけ、密着しながらお子様がリラックスできていることを感じました。

余震が続く中、お子様に「なんでおうちにかえらないの?」と聞かれ「大きな地震はもう来ないけれど小さな地震はまた来るかもしれないからまだロビーにいたほうがよいと思うよ。私の言うことは間違っていないから信じてね。」と答えました。お子様はパニックになることも泣くこともなく私をただ信じて頑張ってくれました。

後日お母様から「地震後、何も後遺症もなくよかったです。ありがとうございました。」とお言葉を頂き、心配していたことにならず本当に良かったと思いました。よそのお子様は泣いたあと吐く、一人でトイレに行けなくなることなどあるようでした。

大震災を通じて、ベビーシッターの仕事をするうえで大切なことを改めて考えさせられました。子どもの気持ちを感じ取る、子どもに安心と安らぎを与える、一人の人間として人格尊重する、信頼関係を築く、冷静に判断し対応することだと思いました。

日常生活の中でもお子様の情緒が乱れてしまうことがあると思います。年齢に関係なくお子様は言葉に出さなくても何かを相手に伝えようとする能力を持っています。それを感じ取り受け止めて不安を取り除いてあげることで健やかに成長されていく手助けとなることが一番大切なことのように思います。

今回の地震でお子様との絆がさらに強まりました。お子様の命を守るということがどういうことなのか、気づくことができました。さらに忘れてはいけないことは使命感だと強く思いました。