ホーム>子育てエッセイ>2011年10月

2011年10月

娘のピアノに託す

2011年10月号

娘のピアノに託す

夢浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

 

先日、田舎から母が上京し、4日間我が家に滞在した。子ども達の保育園の運動会がメインイベントだったが、もうひとつイベントがあった。もうすぐ6歳の長女の電子ピアノの購入である。

今年の5月から、長女はピアノを習い始めた。我が家にある小さいキーボードでの練習にも限界が出てきて、とうとう電子ピアノの購入を決意する。この半年間、さまざまなメーカーの製品を比較検討し、ある程度目星をつけて、先日、母を連れて家族で楽器店に行き、購入した。私はもちろん、母も娘もうれしそうで、いい思い出ができてよかった。

今週の金曜に配送にくるため、現在、置き場所を検討しながら、幸福感にひたっている。ピアノを持つことは、少女の頃からの私の夢だったのだ。私の世代の女性の大半はピアノを習った経験があるが、私にはない。父の仕事で海外転勤を繰り返す環境だったし、当時は、電子ピアノは今ほど普及しておらず、アップライトが主流だったこともある。

今でもピアノを習いたい気持ちはあるが、その余裕はないので、娘のレッスンの付き添いを楽しんでいる。娘が小学生、中学生になっても、できる限り付き添って、先生の説明を聴き、家で練習していたら、ママもある程度は弾けるようになるかもしれない。そんな野望もあって、当初の予定よりも少しランクの高いものを思いきって購入した。

私には、今からひとつの夢がある。約10年前から、音楽家と組んで、自作の詩をギターやピアノの生演奏と共に朗読する「詩の朗読と音楽のコラボレーション」を随時、開催しているのだが、いつか、娘のピアノとコラボしたい。その頃にはもう、今の「ママ、ママ」と甘えてくる娘はどこにもおらず、たがいに距離を置いた関係で、それぞれの生活、人生を生きているかもしれない。それでも、年に一度、私の詩に娘がピアノで寄りそってくれたら、言うことない。

 

(創作童話)おひさまばたけ

2011年10月号

(創作童話)おひさまばたけ

ますだまみ(ファミリー・サポートベビーシッター)

 

きらきら

ぎらぎら

おひさまがまぶしい、なつのあるひのこと。

「ごんた、いくぞ」

「どこにいくの?」

「おひさまばたけだよ」

「えっ、おひさまばたけ?」

「うん、こっちこっち」

「にいちゃん、まってよ-」

だんごむしのごんたは、にいちゃんといっしょに、すから出てくると、草のなかをあるいていきました。

ちょこちょこちょいちょい

ちょこちょこちょいちょい

「にいちゃん、まだつかないの?ずいぶんながいのぼりざかだね」

「ごんた、あともうすこしだ」

ちょこちょこどっこい

ちょこちょこどっこい

「ごんた、ついたよ。ほら、うえをみてごらん。おひさまがいっぱいあるだろう」

「ほんとだ。にいちゃん、こんなにおひさまがいっぱいだから、あついんだね」

ここは、おかのうえのヒマワリばたけ。おおきなヒマワリが、たくさんさいています。

「にいちゃん、せっかくここまできたんだから、おひさまにのぼってみようよ」

「えーっ、あんなにたかいところにのぼるのかい?」

「ぼく、もっとちかくでみてみたい。にいちゃん、のぼろう!」

ごんたとにいちゃんは、いちばんせのたかいヒマワリに、のぼりはじめました。

ちょこちょこぐいぐい

ちょこちょこぐいぐい

「ごんた、がんばれ」

「にいちゃんも、おちるなよ」

ちょこちょこえいえい

ちょこちょこえいえい

「やったー、てっぺんのおひさまにとうちゃく!」

そのとき、つよい風がふいてきました。

ごんたとにいちゃんは、風にあおられて、ひゅーんと、くうちゅうにとばされました。

そして、そのままじめんにおちてしまいました。

ころころくるくるくる

くるくるくるころころころころ

まあるくなった、だんごむしのごんたとにいちゃんは、そのままおかをころがって、おうちまでかえっていったんですって。

 

出典:母の友2011年11月号