ホーム>子育てエッセイ>ひとりぼっちじゃない子育て 白川優子>メーリングリスト②。 ~ひとりぼっちじゃない子育て(6)~
ひとりぼっちじゃない子育て 白川優子

メーリングリスト②。 ~ひとりぼっちじゃない子育て(6)~

メーリングリスト②。

~ひとりぼっちじゃない子育て(6)~

白川 優子(ライター)

201672902542.jpg

保育園ライフをずっと支えてくれたメーリングリスト。でも、賑わっていたメーリングリストもあと少しで途切れてしまうのかな、ちょっとさみしいな・・・そう、明日は卒園式と謝恩会――そんな2011年、3月11日を迎えていました。

 

謝恩会の準備で、メーリングリストが激しく行き交いバタバタしてきた数日間でしたが、明日のその日をむかえるばかりとなり、おだやかな晴天に、「きっと良い卒園式になるね」誰もがそう思っていた昼下がりのことでした。

外出して文房具を買い求めていた私は、雑貨屋の天井の電気がチリチリいう音で「揺れている」と気付きました。

その後、今まで経験した事のないような激しい横揺れで、雑貨が並んでいる棚が床を滑ってきました。

「こわい!これは尋常じゃない」悲鳴をあげて逃げる人たちの後について非常階段を降り、外に出ると、「東北が大変なことになっているらしいよ」と話す人々。

―東日本大震災。何が起こってしまったのか、街も、人も、みんなパニックでした。

 

そしてしばらくして一通のメーリングが届きました。育児休暇中で、子どもをすぐに保育園に迎えに行けたママからでした。

「震度5強だったみたい、でも保育園はなにも被害もなくて、子どもたちもみんな無事。お昼寝中だったみたいだけど先生たちがあわてず対処してくれたみたいでみんな元気!」

この一報が、親たちの気持ちをどれだけ落ち着かせてくれたでしょう。

なぜなら、電車が次々不通になり、帰路を絶たれた親たちが連絡しようと思っても、保育園への電話はまったく通じなくなってしまったのです。

私もそうでしたが徒歩や車で迎えに行けた親たちは、保育園や子どもたちのようすを続々とメーリングで流しました。

「みんなニコニコ待ってるよ!」「夕方のおやつを申し込んでない子にも軽食を出してもらっています」「先生達もどうせ帰れないので保育園に泊まってくれるみたい」「安心して帰ってきて」等々・・・

遅れて届くなど多少の障害はあったにせよ、まったく通じない電話にかわり、メーリングリストはすべての親に通じたおかげで、保育園に到着した親づてに先生にも「今○○ちゃんのおかあさんは徒歩で向かっています」など状況を伝えることができました。

 

とにかく子どもたちが無事であることがメーリングリストのおかげで確認でき、みんなホッとしたのですが・・・

「ところで卒園式、どうなっちゃうんだろう?」

よほど気持ちが動転していたのでしょう。お迎えに行けた親たちも、子どもの無事を確認はしたものの、翌日の卒園式については誰も確認できていなかったのです。

次回に続く

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1157