ホーム>子育てエッセイ>読んでみたい絵本>読んでみたい絵本 ~「防災」を考える~ 白川優子 
読んでみたい絵本

読んでみたい絵本 ~「防災」を考える~ 白川優子 

    地震、大雨、台風など、災害はいつおこるかわかりません。

   保育園、小学校にいる時だけではなく、

   家にいる時や、外でお友だちと遊んでいる時など、

     とっさの判断ができるよう、お子さまとふだんから話し合っておければ安心ですね。

  防災に関する絵本を紹介します。

 

2018813155851.jpg

ぐらぐらゆれたらだんごむし!

東京書店 2歳~

 

小さなお子さまに地震のことをおしえるのは難しいですが、

かわいい動物たちのしぐさで

わかりやすいしかけ絵本になっています。

 

 

2018813155914.jpg

はしれ、上へ! 

ポプラ社 6歳~

 

東日本大震災の釜石を舞台にした実話が題材になっています。

津波の怖さと海の美しさのコントラスト、

人々の強さが胸に響きます。

 

 

2018813155937.jpg

じしんのえほん

ポプラ社 4歳~

 

主人公は小学校1年生。

ひとりでいる時、公園にいる時・・・

自分の身を守るにはどうしたらよいか

わかりやすく図をまじえながら紹介しています。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1198