ホーム>沿革

沿革

ファミリー・サポートの歴史

1994年

2月 株式会社ファミリー・サポートが設立される
3月 青山「こどもの城」で2日間にわたり第一回ファミリー・サポート研修を行い、50人のベビーシッターを養成する。
4月 営業開始
8月 代々木上原大山ハウスにおいて第一回「まざあ・ぐうすのいえ」(親子教室)開催。
12月 NHK「おはよう日本」取材、出演

1995年

1月 「人形の秀月」のベビールーム運営を請け負う。

1997年

5月 世田谷コミュニティセンターのキッズルーム業務委託を受ける。

1998年

11月 外務省を通じてロシア公共放送の取材を受ける。(女性企業家の1日として99年5月に30分番組でロシア全土に放映)
宗教法人「愛育園」と業務委託契約締結、保育補助要員を派遣する。
12月 (株)悠飛社より「ベビーシッターが育む21世紀-ファミリー・サポートへの道-」を出版する。

2000年

3月 幼稚園(宗教法人祐天寺)との連携開始
10月 小田急線新百合ヶ丘に国際人を育む子どもの家『カーサデルバンビーノ』オープン

2001年

2月 新宿文化センターにて「ちいさな音楽会」開催
10月 目白大学エクステンションセンターで「育児サポート講座」開始
11月 レッジョチルドレン主催イタリア人対象「レッジョエミリア学びと交流の日々」に参加

2003年

1月 「ファミリー・サポート」およびロゴマーク商標登録第4626708号取得
3月 日本発達心理学会にて(於兵庫教育大学)「保育者と保護者のコラボレーション」について発表

2004年

2月 NPO法人「次世代サポート」が東京都に認証される。
8月 川崎駅商業施設ラチッタデッラ内に『カーサデルバンビーノラチッタデッラ園』開設

2005年

6月 人材派遣業開始(般13-300886)
8月 本社を代々木1-58-164Fに移転
訪問保育サービス名を「クラブデルバンビーノ」とする
9月 川崎市「産後家庭支援ヘルパー派遣事業」委託事業者となる

2006年

4月 世田谷区「さんさんサポート事業」委託事業者となる
渋谷区「にこにこママ」委託事業者となる
5月 杉並区「子育て応援券」提供事業者となる

2007年

4月 小学生夏休み留学共同企画

2009年

2月 有料職業紹介事業開始(13-ユ-303831)

2012年

4月 訪問保育サービス名を「バンビーノクラブ」とする