ホーム>バンビーノクラブ日記

バンビーノクラブ日記

<涙目のRちゃん>

 <涙目のRちゃん>

3月15日 Rちゃん・1歳(記録:M・S)

お母様がお出かけの後は、ずっと横になっていました。「ララバイ」のCDを流しながら、手を握ってトントンしても寝付かれずに、CDは終わってしまいました。終わったとたん、泣きそうに涙目になったので、アクアライトを飲ませてあげると落ち着いて寝ました。

*1歳のRちゃん,お口ではいえないけれど涙目がママのいないさみしさを物語っています。

<ママのにおいがする>

<ママのにおいがする>

3月10日 Kくん・3歳(記録:Y・N)

久しぶりのKくん。お部屋をのぞくととびきりの笑顔でかけてきてくれました。・・・「濡れていて危ないから走らないで手をつないでゆっくり歩いてね」と約束すると手をつないでゆっくり歩きながら「ステン!」と言いながら転ぶまねをしているおちゃめなKくんでした。また「Yせんせいのほっぺ ふわふわだから食べちゃおー」と,かわいいことも言ってくれました。イスにかかっているお母様のお洋服を「ママのにおいがする」「ママが帰って着替えしたらもんであげる~」と肩をもむまねをしていたとても優しいKくんです。

*ママのにおいはなつかしい大好きなにおい。疲れたママの肩ももんであげる優しいKくんなのですね。

<ママ~~>

<ママ~~>

3月5日 Uくん・3歳(記録:N・E)

今日はポカポカ陽気で暖かなので、サイクリングに出かけました。・・上り坂を上がります。「ハイ 押してくださーい!」「もっと速くーっ!」となんとも軽快なUちゃん。ガーデンプレイス正面の坂道をブレーキをかけないで走り降りるのが楽しくて繰り返します。「後ろを持たないで」といいますがさすがに危ないのでUちゃんにばれないように支えました。スピードがたまらないらしく満面の笑みです。・・・公園のトイレは和式で床も汚く、結局ずいぶんパンツとズボンをぬらしてしまいました。Uちゃんすっかり悲しくなってしまい「ママ~~」「帰る~~」と泣きべそです。

*悲しいときにいちばん会いたいのはママです。

ファミリー・サポート 絵本 の保育記録より

お天気の悪い日、体調の優れないとき、そして就寝前のゆったりとしたひと時、絵本は子どものやさしいお友達です。

< 図書館も遊び場 >

< 図書館も遊び場 >

2月22日 Aちゃん・3歳(記録:K・F)

自転車でパンダ公園へ。子どもたちがたくさん遊んでいましたが、何となく入りにくい様子。遠巻きに様子を見ながら誰も遊んでいない滑り台で遊びました。しばらくすると「図書館へ行く」と言い出し、M図書館へ。いつも選ぶ本(シリーズ)は決まっていて、トーマスとミフィーの絵本を出してきます。「自分で読む」とページをめくっていました。「別の公園に行く」と再び外へ。自転車で駐車場の公園へ、誰もいませんでしたが、滑り台などでしばらく遊んでから戻ってきました。

*Aちゃんにとって、図書館は公園のように楽しいことがいっぱいある場所なのでしょうね。

< 紙芝居も楽しいよ > 

< 紙芝居も楽しいよ > 

2月21日 Tくん・5歳(記録:I・K)

図書館へ行きました。『ポケモンを探せ』を真剣に見ています。なかなか見つからないページは「う~ん…どこかなどこかな…」とブツブツつぶやきながら探しています。私のヒントで見つけられると、「あった♪」と満面の笑顔です。アンパンマン紙芝居も2話読みました。

*自宅ではなかなかたくさん買い揃えることの無い紙芝居も、図書館でなら読んだり借りたりすることが出来ますね。いつもの絵本とはちょっと違った雰囲気で読めて、楽しいですね。

< 絵本あそび >

< 絵本あそび >

2月16日 Rくん・3歳(記録:R・N)

救急車の本や、はたらく車の本を選んできて、いっしょに見(読み)ました。その後、ホールに行って電車で遊びました。駅を作って走らせたりしました。途中から1歳4ヶ月の男の子が来たら(児童館にてシッティング中)おもちゃを貸したり、「いっしょに遊ぼうね」、とやさしくお兄ちゃんぶりを発揮したりしていました。

*絵本を通して、電車や車のイメージが広がって、遊びの世界がますます楽しくなったようですね。

< ぶたくんきょろきょろ > 

< ぶたくんきょろきょろ > 

2月15日 Sくん・0歳11ヶ月(記録:H・S)

お母様お出かけ後も、泣かずに『歌の絵本』を見ながら少しお歌を歌ってから昼食です。昼食後は『ぶたくんきょろきょろ』の絵本を読むと最後までじいっと見ていて、読み終えると私に手渡したので、もう一度読みました。再び読み終えると、白い歯を見せて、ニッコリ笑っていました。

*まだ、たくさんおしゃべりは出来なくても、絵本を読んでもらったり、要求を伝えることが出来たりするのがとても嬉しいのですね。
 

<今日は何の本?> 

<今日は何の本?>

2月9日 Rちゃん・4歳(記録:M・S)

保育園へお迎え。元気よく飛び出してきたRちゃん、「Sさん、今日は何の本持ってきたの?」と質問しました。前回,『こぶとりじいさん』の本を持ってきたのを覚えていたようです。「今日は『一寸法師』よ」と答えると、「どんなお話?」、「家に帰って読むまでのお楽しみ!」。入浴後、『一寸法師』を読みました。

*色んなお話しを読んでもらうのを楽しみにしてくださっているのですね。大きくなったら読書が大好きなお子さんになるでしょうね。
 

< くもにはひみつ >

< くもにはひみつ >

2月1日 Mちゃん・4歳(記録:M・M)

手遊びをしたり,スキンシップを楽しんだりしたあと、絵本『くもにはひみつ』、『エドワードのやさいばたけ』を読みました。仕掛け絵本だったので、とても喜び、特に『くもにはひみつ』がお気に入りで、「Mちゃん」と呼び換えてあげると、「もう一回!」と何度も読み返しました。

*お気に入りの絵本、何度も何度も読んでもらいたいのは、何度も何度もやさしく抱っこしてもらいたいのと同じような気持ちなのかな