ホーム>バンビーノクラブ日記

バンビーノクラブ日記

『はらっぱハウス』

『はらっぱハウス』

1月28日(Sちゃん・6歳 記録 K・N)

「お腹がすいたね」でも時間が早いのでおやつにしてから 付録のバックを作ったり、なぞなぞ絵本を読み合う。
『はらっぱハウス』の本はおもしろいですね。池の中、原っぱ、木のうろの中に住む虫などの家が詳しく書いてあるので、とても楽しくなりました。「えっ、こんなふうに住んでいるんだね」
おいしい夕食を楽しくお話ししながらいただきました。「おいしいわね」

* 『はらっぱハウス』 いろいろな虫への 驚きがいっぱいある本なのですね。

< 冬の宝物 >

< 冬の宝物 >

1月27日 Mちゃん・7歳(記録:N・H)

今日はランドセルではなくリュックで出てきたMちゃんに「どうしてリュックなの?」と聞くと「生活で公園に行った」と話してくれました。冬の宝物(例えば氷など)を見つけに行ったと言って、帰りにも氷を拾って帰ってきました。夕食を作るのをお手伝いしてくれました。にんじんを切ってくれたり、ひき肉をこねてくれたりと大活躍でした。残さずに全部食べてくれて、こちらも大変嬉しかったです。片付けを手伝ってくれたり、私が何も言わなくても何かをやろうとしてくれたりするところがすごく嬉しいですし、すごく良いことだと思います。

*「冬の宝物」さがし・・・ 早速Mちゃんと一緒にさがしてみたくなりました。
 

< お父さんはエスプレッソ > 

< お父さんはエスプレッソ >

1月25日 Rちゃん・4歳(記録:L・D)

お迎え。雪が凍ったところを「滑るねー、スケート靴にはきかえないと転んじゃうね」と言っていました。Rちゃんがモカで、私はカプチーノだそうです。「お父さんはエスプレッソで、お母さんはシフォンなの!」と得意げ! バス停では「今日はエスプレッソが帰ってくるのでよろしくお願いします~」と言っていました。お風呂のつもりでしたが、しまじろうの本に夢中になっていたRちゃんはなかなか入ろうとしませんでした。しつこく言ってやっと入ってくれました。「急がないとエスプレッソが帰ってきちゃう!」と二人で言いながら急いで入りました。

*だれが「みるく」なのかな? Lさんも家族の一員のようですね。

< すごいスピード >

< すごいスピード >

1月25日 Hくん・8歳(記録:F・M)

体操教室へお迎えに行き、20分頃に出てきました。まだ外に雪や氷が残っていて、雪の上を歩いたり、氷のかけらを蹴ったりしながら帰ってきました。「この間の日曜日に雪が凍ってたから、ダンボールで滑ったんだよ! すごいスピードが出たよ!」と話してくれました。

*ダンボールのそりすべり。スリルいっぱいの良い思い出になりましたね。
 

< ガソリン満タン > 

< ガソリン満タン >

1月23日 Hくん・4歳(記録:Y・N)

10分程、園庭を歩いてから帰宅へ。「今日は道路にまだ雪が残っているから走らないでね」と確認すると、「わかってるって!」と大人びた口調です。凍っている雪の上を歩いて「すべるよー」と楽しそうです。手をつないで帰りました。駅の階段も早くおりられます。「すごいねー」と言うと、「うん、ガソリン満タンだからね!」

*凍っている雪の道も チェーンをまかなくてもだいじょうぶ。全速力で走れたのかな?
 

<すっごいね!!>

<すっごいね!!>

1月21日 Kくん・5歳(記録:T・A)

今日は、今年初の大雪でしたね。保育園もいつものにぎやかさはなく、とっても静かな園でした。Kくんも職員室で遊んで待っていましたよ。“雪”に大興奮して、上着も着ずに園庭に出てしまったKくん。「わぁ~すっごいね!!」と大喜びで雪の中を歩き回っていましたよ。歩きやすい道の方に行くのではなく、わざと誰も歩いていないキレイに積もっている雪の中に足をズボズボ入れて楽しんでましたね。

*キレイに積もっている雪に ズボズボ足跡つけるの、楽しいですね。
 

< トナカイの足跡 >

< トナカイの足跡 >

1月6日 Sくん・5歳(記録:S・S)

クリスマスにサンタさんからもらったカードを見せてくれました。「サンタさんからもらったのだよ!」と嬉しそう。「サンタさん見た?」と聞くと、「トナカイの足跡があったんだよ!」ウルトラマンの戦いごっこに、急に興味がうすれた様子のSくん。「ウルトラマン、あきちゃった?」と聞くと、「うん、ちょっと・・・」2階からドラえもんもマンガを見つけて「これ読もうっと!」お兄ちゃんになったな・・・と思いました。

*「サンタさんのカード」いつまでも大切な宝物です。
 

ファミリー・サポート 冬 の保育記録より

子どもは雪も霜柱もつららもうれしくて大好き。冬の宝物のあふれた記録を選んで見ました。

ファミリー・サポート シッターとお留守番 の保育記録より

初めは「おかあさんがいい~」とベソをかいていたお子様も、シッターさんの楽しい雰囲気に和みます。自宅でシッターと過ごす穏やかで豊かなときが流れていきます。

< 女はよろこばねーんだよ!! >

< 女はよろこばねーんだよ!! >

11月28日 Rくん・5歳(記録:A・S)

げたを履いてカラコロと音を立てながら走ってきたRちゃん。手には紙を持っていました。「なあに? それ・・」ときくとたくさんのロボットを描いてある画用紙。しっかり名前もカタカナで書いてありました!! 工事車を探しているとおもちゃの指輪発見!! Rちゃんがつけてくれたのは左手の薬指。「ここにつけたらお姉ちゃんと結婚しなきゃいけないよ!」と言うと「これはお誕生プレゼント。あんな紙(似顔絵)じゃ足りないから、指輪とかネックレスをあげないと女はよろこばねーんだよ!!」大人の名言!! 5歳かしら?

*    おやおや どこで覚えてきたことばなのでしょう?本当は「オオカミと7匹の子ヤギ」の劇をおばあちゃんと演じるかわいいRくんです。