ホーム>子育てエッセイ>子どもが健康に育つ社会
子育てエッセイ

子どもが健康に育つ社会

2005年12月第3号

『子どもが健康に育つ社会』 中舘慈子

2006年は「次世代育成支援行動計画」の取り組みが、国・地方自治体・事業主によって本格的に実施された年である。また、「子ども子育て応援プラン」(少子化社会対策大綱に基づく重点施策の実施計画について)の施策が開始された年である。これは10年後の「目指すべき社会の姿」の展望を示し、「子どもが健康に育つ社会」「子どもを産み、育てることに喜びを感じることのできる社会」に向かって進めていくプランである。この中に「在宅保育」が組み込まれていたことは、今までの保育所中心の施策から画期的な転換であったと思っている。

弊社においては、川崎市の「産後家庭支援ヘルパー事業」、世田谷区の「さんさんサポート事業」の指定事業者になり、産後の母子共に大切な時期に産褥期のサポートを利用すると自治体から助成が出ることになった。「在宅保育」が公的な子育て支援制度に浸透していくきっかけとなったのではないかと思う。

しかし、日本全体を見渡したときに「子どもが健康に育つ社会」「子どもを産み、育てることに喜びを感じることのできる社会」に向かって一歩でも進んでいるのだろうか?

むしろ子ども受難の年だった印象がぬぐえない。小学生が酷い事件の被害者になった。
「子どもが健康に育つ」どころか、かけがえのない命が奪われたり、いつまでもぬぐうことのできない深い心の傷を負ったりしている。このようなときにまず考えられていることは、被害者にならないための自衛手段である。スクールバスによる送迎、地域ボランティアによる巡回、集団登下校、非常ブザーなどの携帯・・・。もちろん弊社の学童サポーターによる送迎も含ま
れる。もう、日本は安心して登下校できる国ではなくなってしまったのだろうか?物騒な世の中、保護者は「子どもを産み、育てること」に「喜び」ばかり感じていられない。

次に考えなければならないのは、加害者を作らないことである。気質、家庭での生育歴、さまざまな社会的環境などの要素が複雑に重なり、犯罪者を生んでいるのだと思う。さらに、更生も含めた犯罪者の処遇や事件のマスコミ報道についても真剣に考えなければならない。犯罪者がスター気取りになるなど決して許されないことである。しかし、このような犯罪者はどんな子ども時代を送ったのだろうか・・・?ふと思う。

子どものときに認められ、肯定的に受け入れられた幸せな思い出がたくさんあれば、自分を認めて自分自身に自信を持つことができる人になる。そのような人は他者を認めて傷つけることはないだろう。こうして健康な人が育つ。逆の場合は悪循環になる。犯罪者のような不健康な人を生む。

「子どもが健康に育つ社会」に一歩近づくためには「心が健康に育った大人」の力が必要である。そして、そのためには親ばかりでなく、多くの健康な大人の力が必要なのだと思う。

弊社でも、心身ともに健康な保育者の育成に努め、一人ひとりのお子様が健康に
育つための支援を行いたいと気持ちを新たにしている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/323