ホーム>子育てエッセイ>バスのなかでの優しい時間
子育てエッセイ

バスのなかでの優しい時間

2006 年 5月号

『 バスのなかでの優しい時間 』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

今日は娘の4ヶ月健診に出かけたついでに、久しぶりに隣町で買い物をすることにして、普段はあまり使わないバス停に向かった。娘をだっこしてバスに乗りこんだとき、一瞬、バスの中の雰囲気がなんとなく不自然に感じた。ひとりがけの空席を見つけて座ったら、突然、最後尾の席に座っていた高校生くらいの男の子がやってきて、後ろの席を指でさした。より広い席をゆずってくれたのだ。お礼を言って後ろの席に移動したら、だっこしていた娘がぐずりはじめた。あやしながら、私が「暑いのかな...」とつぶやいたら、隣に座っていた若者が、壁についているエアコンの噴出し口の向きを変えて、娘のほうに冷風がいくようにしてくれた。お礼を言うと、何度もおじぎした。いよいよギャンギャン泣き出した娘をあたふたしながらあやしていたら、前の席の男の子がじぃ~っと娘の顔をのぞきこみ、「しょうがない!しょうがない!」と叫んだ。

ようやく、私はこのバスの乗客である高校生くらいの若者達数名が、軽い知的障害を持っている方たちだと理解した。市内にある学園の生徒さんたちかもしれない。「しょうがない!」と叫んだ若者がバスを降りるさい、突然、「ない!ない!」と叫んで、定期を探し始めると、近くの若者が鞄の中をいっしょに探し始め、運転手はよくあることなのか「大丈夫ですよ~」とのんびり言った。定期が見つかって降りた若者に、バスの中の若者たちが、バイバイと手を振り、降りた子も笑顔で手を振って、バス停で待っていた母親らしき人と歩いていった。

健常者、若者や子ども達が、精神を病み、人を傷つけ、殺める事件が後を立たない。そのいっぽうで、知的障害のある彼らは、見ず知らずの他人をいたわり、友を思い、社会のルールを守って暮らしている。彼らは、こんなにまっとうで、おだやかな世界をつくりあげているのに、なぜ、健常者の生きる社会は、こんなにゆがんでしまったのだろう。

私はできることなら、バスを降りて、バス停で息子を待っていたあの母親らしき人を追いかけてつたえたかった。「あなたの息子さんと、息子さんの友達は、今日、赤ちゃんを連れた私をいたわってくれました。そういう存在が、育児中の多くの母親の心を和ませ、それは少子化とか虐待とか、さまざまな社会問題の改善につながっていくと思います」。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/313