ホーム>子育てエッセイ>娘に怒鳴ってしまった日
子育てエッセイ

娘に怒鳴ってしまった日

2006 年 9月号

『娘に怒鳴ってしまった日』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

9月に入っても厳しい残暑がつづいている。8か月の娘には、冷房つけっぱなしはあまり良くないので、暑さが最高潮の午後の数時間のみ冷房をつけ、後は窓を開け放して扇風機をフル活用している。蒸し暑いときは、娘のごきげんもすこぶる悪い。かわいい我が子といえども、暑い季節に大声で泣きわめかれるというのは、実に不快極まるものだ。特に、お夕飯の支度をしている時間帯の黄昏泣きがひどい。あまりの大泣きぶりに料理を中断して、しばらくだっこすることもしばしばだ。(おんぶしながらの料理は、熱いものに娘が手を出して危険なので、しないことにしている)それでも、いっこうに泣きやまないときなどは、こっちが泣きたくなってくる。とうとう先日、なにをしても泣き止まない娘に、イライラが頂点に達して「うるさい、うるさい、うるさぁ~い!!」と、本気で怒鳴ってしまった。

娘は一瞬、びっくりした顔をして泣き止んだが、数秒後、全身エビぞり状態で、さらに激しく泣き叫び始めた。怒鳴ってしまった罪悪感と、やりきれなさで胸がいっぱいになり、つつつと涙をこぼしてしまった。「あぁ、これが積もり積もっ
ていくと、育児ノイローゼや虐待にエスカレートしていくんだなぁ...」と哀しく思った。
布団に寝かせた娘の背中をポンポンすること1時間、ようやく泣きやみ、さぁ、お夕飯づくりを再開しようと台所にたったとき、ピンポ~ンとチャイムが鳴った。出たら、隣の奥さん(たぶん、50代)が「田舎から、さつま芋がいっぱい送ら
れてきたから」と紙袋をくださる。ありがたくちょうだいしながら、「いつも娘の泣き声がうるさくてすみません...」と言ったら、「そんなに聞こえないわよ」と笑って言ってくれた。充分、聞こえているはずだが...。

夜、お夕飯を食べながら、もしかしたら、というかたぶん、隣の奥さんは、私の本気の怒鳴り声を聞いて、心配になって様子をみにきたのかもしれないと思った。だとしたら、素直にうれしい。娘に怒鳴ってしまった後、私は深い孤独感を噛みしめていた。でも、実はそんな私と娘を心配してくれる隣人がいたのだ。子育てや介護が大変そうな家には、隣人がおすそわけの品を手に、さりげなく様子を見にいくことが慣習化していくような、そんな地域社会を築いていくことが日本の少子高齢化を支える一歩だと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/358