ホーム>子育てエッセイ>友達夫婦からの変化
子育てエッセイ

友達夫婦からの変化

2006 年 12月号

『友達夫婦からの変化』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

今日は、私の誕生日、そして二度目の結婚記念日である。昨年の今日は、予定日まであとひと月の大きな大きなお腹を抱えて、長野県の上田市にある宅老所(高齢者デイサービス)へ泊りがけの取材に行っていた。夕方、取材を追えて、夜8時頃、駅の改札まで迎えに来てくれた夫の姿を見たとき、柄にもなくホロリとしたことを覚えている。

私は転勤族の子で、ふるさとと呼べるような、帰りたいと懐かしむような場所は、地球上のどこにもない。でも、というか、だからこそなのかもしれないが、改札の向こうで手をふる夫の姿を見たとき、漠然と、この人が私とお腹の子の帰る場所なんだと感じた。私の帰る場所は、地名でも建物でもなく、人なのだと。

翌年の1月に子どもが産まれてから、私の仕事量はガタンと減り、当然、毎月の収入も減った。それまでは、おたがいに生活費を出しあって暮らしていたのだが、当分は私の収入はお小遣い程度である。夫は絵の仕事のかたわら、塾の講師のアルバイトをするようになり、週3~4日は帰宅が夜11時過ぎになった。アルバイトに行くようになってから、絵を描く時間が大幅に減ってしまい、雑誌のイラストの締め切りに追われて、深夜まで絵を描いている夫に、申し訳ないような気持ちになった。

でも、ほとんど夫の収入で生活するようになったこの1年で、私も夫も成長したと思う。夫は大黒柱としての責任感が増したぶん、人間としての深みも増してきたし、私は私で、以前よりも夫に対して優しくなった気がする。共稼ぎだった頃は、夫とは限りなく対等な友達夫婦で、家事はそれなりにやっていたけれども、夫を立てたり、夫に尽くすといった妻らしさがなかった。だが今は、疲れている夫をいたわってあげたいと思えるし、かつてはキツイ口調で言っていた文句も、多少はオブラートに包むようになった。長い夫婦の歳月の中では、ひとときくらい、どちらかの収入だけでやっていく時期があったほうが、関係性にも変化が生じていいのかもしれない。もちろん、私が稼ぎ頭になるケースも含めてである。

数年後、娘の手がかからなくなったら、また、本格的に仕事をしたいとは思う。でもそうなったら、夫に対する今のこの優しい感情を失わずにいられるか、不安でもある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/377