ホーム>子育てエッセイ>『母という絶対的存在』
子育てエッセイ

『母という絶対的存在』

2009年1月号

『母という絶対的存在』

浅田志津子(教育・福祉関係のルポライター)

 

二児の母になって、早二ヶ月が過ぎた。おとといから田舎の母が来てくれているのだが、専業主婦歴45年の母は、家事も育児も徹底していて、いつもなにかしらやっている。今も、少しは休めばいいのに赤ちゃんの肌着を縫っている。そんな母を見つめながら、私は母のような母親になれるだろうかと思う。

ふりかえれば、子どもの頃から、私は母を「一個人」としてとらえたことがなかった。母に子ども時代があったことさえ信じ難く、生まれたときから、姉と兄と私の「母」として存在しているような気さえする。いつもエプロンをした母が、スーツを着て会社で働く姿なんて想像もつかないし、もちろん、母に「女性」を感じたことなんて一度もない。

私が知る母は、浅田○子というひとりの人間の一部であるという当然といえば当然の事実に気づいたのは、大人になってからだ。それほど、母を「絶対的な存在」として感じて生きてこられたのは、母が常に私の前で「母の顔」を保ちつづけていてくれたからだと今になってわかる。そして、それがかなり大変なことも。

今の小・中学生には母親を客観視している子が少なくない。現代の子どもが昔より早熟だからだろうか。それとも、「一個人」として、または「女」としての自分自身を子どもに隠さない母親が増えたからだろうか。母子家庭の小学生が「ママの新しいカレシがさ~」とすまして言ったり、共働き家庭の中学生が「お母さんは家事はしないけど、そのぶん稼いでるから、まぁ、いいんじゃん」などと答えるのを聴くたびに、母子の関係もずいぶん変わったなと思う。ある意味、友達のような対等な関係になっているのだろうか。

私自身、二児の母になった今も、「一個人」としての自分を大切にしたい気持ちは確かにある。でも、子ども達の前では、できるかぎり「母の顔」を最優先して、子ども達にとって絶対的な、どっしりと安定した存在でありたい。老いた母の背を見つめながら、そう感じている。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/455