ホーム>子育てエッセイ>一芸にひいでる
子育てエッセイ

一芸にひいでる

一芸にひいでる 

保育スタッフ M.S.

 

自分にとって一芸にひいでているものは? と考えたとき、趣味の陶芸は趣味にとどまって、一芸にひいでるほどでないし、誰にも負けずこれだけは自信ある! と言えるもの、それは育児―子育て―です。

学生のころに学んだ幼児教育の理論を自分の子育てに実践したこと、これが私の自慢できる一芸です。

胎教のためにいい音楽を聴き、お腹の子に語り掛けました。夫も毎日大きくなっていくお腹に口をつけてなにやら語りかけていました。誕生したあとは母乳で育て、育児日誌をつけ、お散歩したり、ご近所さんと意識的に交流したり、食事のバランスを考えて食べさせたり、語りかけは正しい言葉遣いで、あそびに集中しているときは邪魔せず、見守り。楽しい体験(キャンプ、スキー、お祭り、お泊り~etc.)をできる限り採り入れ、公園めぐりにいそしみ~と、生活そのものが子どもの成長に影響してくるので、子ども中心に生活し、楽しみ、子どもと共に生きた子育てでありました。

育児日誌は2人の子どもたち3歳までつけ、その後は2人の子どもの新聞を作り楽しみました。

この育児は、多分、私の人生の大きな宝物となっています。その子どもたちもおかげさまですくすく育ってくれ、2人とも父の母校のW大学卒業後、総務省、大学職員となり、ただいま社会人として貢献しています。そしておのおのが人生の伴侶と出会い、また、親に楽しいプレゼントを施してくれています。

楽しかった! わが子達の育児、これは誰にも負けない自分自身の大きい自身となっています。

育児が一芸とはいえないかもしれませんが、この育児は自分の誇りとなっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/173