ホーム>子育てエッセイ>「産褥シッター」を利用して 白川優子>もっと自由になって、お母さん。~「産褥シッター」を利用して (3)~
「産褥シッター」を利用して 白川優子

もっと自由になって、お母さん。~「産褥シッター」を利用して (3)~

 

もっと自由になって、お母さん。

~「産褥シッター」を利用して (3)~

白川 優子(ライター)

 

2015615163424.jpg

 

ファミリー・サポート バンビーノクラブのマンマサポーターは、産褥期が終わっても、産後一年まで利用することができます。育児も半年を過ぎると、「ひたすら寝たい」「ゆっくり食べたい」という、本能的な欲求を満たすための手助けをしてほしかった初期に比べ、マンマサポーターさんに依頼する内容も少し変わってきました。

 

我が子は頑なに母乳以外を受け入れない赤ちゃんでした。誰かに預けたくても、限度はMAX3時間くらいだったので、例えば終日の外出などは無理。往復時間を考えると、大好きな銀座ショッピングも、ワーグナーのオペラも、フルコースのディナーも全部封印でした。

「かわいい宝物に恵まれたのだから、自分のやりたいことはできなくても幸せ。」そう言い聞かせてはいたけれども、仕事も飲み会も3時間以上の外出も、自由にできる夫と比べて、妊娠中からお酒も飲まず、食事制限をし、3時間枠内の活動時間、すべて自分だけが我慢している気がして・・・と、そんな愚痴もシッターさんは聞いてくれ、こんな提案をしてくれました。「なにも、シッティングは自宅でなくてもいいんですよ。例えばお母さんのお買い物に、赤ちゃんを連れて私が同行して、合間に授乳だけしていただければ、終日の外出だってできますし、ゆっくりお食事したい場合はレストランの近くで赤ちゃんをみていることだってできますよ。もうちょっと、お母さんの自由な時間をとってみたらいかがですか。」

 

目からウロコでした。ベビーシッターさんというのは、家で赤ちゃんをみて留守番をしているという図式がずっとあったのですが、同行してもらうというアイデアはありませんでした。授乳問題がクリアできるとなると、活動範囲も時間も広がる!と、色々考え出しました。

とはいうものの、シッターさんにベビーカーを押してついて来てもらってショッピング、授乳してまた引き続きショッピング・・・?って芸能人でもないので考えてみたらそこまで買うものもないわ・・・と冷静に却下。

 

でも、そういえば最近夫と二人でゆっくりお食事をしていないな。3時間くらいかけてゆっくりフレンチでもしてみようか・・・シッターさんと赤ちゃんはどこにいてもらおう?レストランの近くでお散歩といっても、3時間もベビーカーでお外はさすがに疲れてしまう。ということで、考えたのが、ホテルの部屋を予約し、そのホテル内のレストランでお食事をいただくこと。銀座のホテルでシッターさんと待ち合わせをし、お部屋で授乳をしたら、赤ちゃんはフワフワのベッドでゴロンゴロンし、ご機嫌!何かあればシャワーもあるし、お部屋の中なら安心・・・と、授乳服からちょっとおしゃれ着に替え、夫とレストランで待ち合わせ。

久しぶりにいただいたフルコースの美味しかったこと!夫と会話がはずんだこと(子どもを「かわいいね、かわいいね」という話題ばかりでしたが)・・・心から贅沢な時間を楽しむことができました。実は、食事中に窓の向こうに、シッターさんと赤ちゃんの姿が一瞬見え、「???」と思ったのですがシッターさんがジェスチャーで「OK」の印をつくってくださったので、そのままおまかせしました。後からうかがうと、「しばらくお部屋の中でご機嫌だったのですが、ちょっと飽きてしまったようなのでお散歩に行きました」とのこと。自宅でなくても、臨機応変に対応してくださったことに本当に感謝しながら、銀座のホテルでディナーしちゃった!と夢のようでした。

 

世間では「子育て中なんだからガマン」と言われてしまうかもしれません。病気や仕事でもないのに子どもを預けることに、罪悪感がないわけではありません。でも、ほんの数時間、母親が自由な時間を持つことは、いけないことでしょうか。パートナーと二人だけのゆっくりした時間を持つことも、大切なことではないでしょうか。そんな私の気持ちを理解してくださったマンマサポーターのシッターさん。困ったときはもちろんですが、ちょっと贅沢をしたい時も、「そういう時間があってもいいんですよ」と優しく背中を押してくださったことに感謝なのでした。それからは今回のように外出に同行してもらい臨機応変に動いていただくのか、自宅で家事育児中心にみてもらうのか、目的も伝えて、きちんとそれにあったマンマサポーターさんを手配していただき、たくさん助けられながら短い育児休業期間は過ぎてゆきました。

 

(マンマサポーター利用のエッセイは今回で終わりです。次回からはマンマサポーターを卒業し、職場復帰してからのベビーシッター利用についての内容となります)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1121