ホーム>子育てエッセイ>コンビスマイル物語>コンビスマイル物語(最終回)
コンビスマイル物語

コンビスマイル物語(最終回)

ベビーシッターのコンビスマイル

~ お母さん(育児をする人)から伝わる自然な笑顔 ~

執行役員 丹野優

202072793220.jpg

今回は「コンビ」と「コンビスマイル」の名前の由来をご紹介します。コンビのホームページには「1968年、“お母さんと赤ちゃん”というコンビを応援する企業でありたいと願い、 現在の社名『コンビ株式会社』となりました。」とあります。現在のコンビは2002年にブランドロゴを一新し、お母さんと赤ちゃんだけでなく、育児をする全ての人と赤ちゃんのコンビが幸せな育児生活を送れるよう支援していくという決意を新たにし、コンビブランドが提供する2つの価値をお約束しました。

【コンビブランドバリュー】
1.お母さんを支える手(機能的な価値)  
2.お母さんから伝わる自然な笑顔(情緒的な価値)

弊社がコンビグループの一員となり、この「ブランドバリュー」を見た時、私たちは1つ目の価値、「お母さんを支える手」はまさに「ファミリー・サポート」を表しているように感じました。そして、2つめの「お母さんから伝わる自然な笑顔」はベビーシッターが保育マインドを実践する姿、表情そのものだと感じたのでした。
2020年、本社スタッフ全員で考え抜いた結果、新たな社名は『コンビスマイル株式会社』に決まりました。「コンビスマイル」とは、「お母さん(育児をする人)から伝わる自然な笑顔、お子様を見守るまなざし」、そしてなによりも大切な 「子どもたちの笑顔」を表しています。
笑顔は、相手への信頼感や自己肯定感を表す世界共通の自然な反応です。私たちは、これからもお子様の自己肯定感を育む確かな知識と技術に基づく支援を通じて育児をする人が育児の喜びや楽しさを感じ、お子様といっしょに自然と笑顔が増えるサービスの提供を目指してまいります。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.familysupport.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1242