ホーム>子育てエッセイ>コンビスマイル物語

コンビスマイル物語

コンビスマイル物語(最終回)

ベビーシッターのコンビスマイル

~ お母さん(育児をする人)から伝わる自然な笑顔 ~

執行役員 丹野優

202072793220.jpg

今回は「コンビ」と「コンビスマイル」の名前の由来をご紹介します。コンビのホームページには「1968年、“お母さんと赤ちゃん”というコンビを応援する企業でありたいと願い、 現在の社名『コンビ株式会社』となりました。」とあります。現在のコンビは2002年にブランドロゴを一新し、お母さんと赤ちゃんだけでなく、育児をする全ての人と赤ちゃんのコンビが幸せな育児生活を送れるよう支援していくという決意を新たにし、コンビブランドが提供する2つの価値をお約束しました。

【コンビブランドバリュー】
1.お母さんを支える手(機能的な価値)  
2.お母さんから伝わる自然な笑顔(情緒的な価値)

弊社がコンビグループの一員となり、この「ブランドバリュー」を見た時、私たちは1つ目の価値、「お母さんを支える手」はまさに「ファミリー・サポート」を表しているように感じました。そして、2つめの「お母さんから伝わる自然な笑顔」はベビーシッターが保育マインドを実践する姿、表情そのものだと感じたのでした。
2020年、本社スタッフ全員で考え抜いた結果、新たな社名は『コンビスマイル株式会社』に決まりました。「コンビスマイル」とは、「お母さん(育児をする人)から伝わる自然な笑顔、お子様を見守るまなざし」、そしてなによりも大切な 「子どもたちの笑顔」を表しています。
笑顔は、相手への信頼感や自己肯定感を表す世界共通の自然な反応です。私たちは、これからもお子様の自己肯定感を育む確かな知識と技術に基づく支援を通じて育児をする人が育児の喜びや楽しさを感じ、お子様といっしょに自然と笑顔が増えるサービスの提供を目指してまいります。

 

コンビスマイル物語③

マザー・テレサのスマイルと赤ちゃんの心の栄養

~ スマイル と 自己肯定感 ~

丹野 優

マザー・テレサは沢山の名言を残していますが、笑顔(スマイル)に関わる素敵な言葉をご紹介します。

「誰かに微笑みかけること、それは愛の表現、その人へのすばらしい贈り物。」

Every time you smile at someone, it is an action of love, a gift to that person, a beautiful thing.

202062581033.jpg

人生の出発点にある赤ちゃんや幼い子どもたちにとって日々の生活の中で生きる力と生きる意欲を育むためには、身体的栄養とともに心理的な栄養※を吸収できる環境が不可欠です。

心理的な栄養とは何でしょうか。
子育ての中で行われる授乳、おむつ替え、沐浴、遊び、お散歩などの様々なケアの場面を注意深く見てみると、その行動をより豊かにしている営みが伴っています。
それは「お母さん(育児をする人)から伝わる自然な笑顔、お子様を見守るまなざし」、そしてお子様との微笑み合い、語り合いなどのやりとりです。その心豊かな相互作用の体験は乳幼児に深く影響を及ぼし、中枢神経や内分泌を活発に作用させ、成長と発達を促す滋養となって生きる意欲を育んでいきます。

網野武博講義より
参考文献:網野武博・阿部和子著『0歳児のすべてがわかる』

 

202062581642.jpg

笑顔(スマイル)は、相手への信頼感や自己肯定感を育む世界共通の自然な反応です。

そして笑顔(スマイル)は、お子様へのすばらしい贈り物であり、心の栄養になります。

私たちコンビスマイルは、お子様の自己肯定感を育む確かな知識と技術に基づく支援を通じて、育児をする人が育児の喜びや楽しさを感じ、お子様といっしょに自然と笑顔が増えるサービスの提供を目指してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビスマイル物語②

~ ♪スマイル♪と自己肯定感 ~   

コンビスマイル株式会社 執行役員 丹野 優

 


「モダンタイムス」という映画をご存じでしょうか。

映画のテーマソングはチャップリンが作曲した♪スマイル♪ 

 美しい調べはだれもが一度は聴き覚えがあるのではと思います。

202052514539.png

 

 

If you smile                                            微笑んで

Through your fear and sorrow              たとえ、怖くて悲しくても

Smile and maybe tomorrow                   微笑むことができたら、きっとわかる

You'll find that life is still worthwhile     これからもいいことがあるって、そう思えるんだ

辛いときこそ微笑みをたたえよう。この曲は私たちに呼びかけています。

自分から微笑むことで「これからもきっといいことがある」

「人生は捨てたもんじゃない」「生きる価値がある」そう思えるんだと。

生きがいを感じること、これはまさに自己肯定感の土台です。

新型コロナウイルスの感染拡大により、大変過酷な状況下で業務を担う方々はもとより、

休園休校、外出自粛が長期化し、お子様、保護者の方々には

これまで経験したことが無い強いストレスや負担がかかっていることと思います。

不安や疲労、いらだちが雲のように広がっています。

そんなときこそ、♪スマイル♪ 子どもたちに笑顔を。

笑顔は相手への信頼感や自己肯定感を育む世界共通の自然な反応です。

子どもたちの笑顔を見ただけで、私たちは力が湧き、希望が持てるでしょう。

そして、この危機を子どもたちといっしょに乗り超えた時、子どもたちの成長した姿がとても楽しみです。

 

 

 

 

コンビスマイル物語①

『母子像が語る「保育マインド」の原点』

                         コンビスマイル株式会社 執行役員 丹野 優

2020427201840.png

「保育マインド」は私たちが創業以来大切にしてきた3つのマインド

(カウンセリングマインド、保育マインド、プロ意識)のひとつですが、

「保育マインドって何?」と聞かれてすぐに答えることはなかなか難しいと感じます。

でも、保育マインドの原点は「母子像」を見れば誰でも簡単に理解できるそうです。

この絵のように、古今東西これまでたくさんの母子像が描かれてきました。

このような母子像に共通するのが、

「お母さん(育児をする人)から伝わる自然な笑顔、お子様を見守るまなざし。」

これこそが 母子像が語る「保育マインド」の原点。そして「コンビスマイル」なのです。

 

 

※保育マインドとは健全で健康な生活を送ることができる能力と適応性と共に、子どもを愛し、理解し、尊重する基本的態度と、それに基づいた関係性をもつことができる人間性と感性であると定義されています。具体的な姿で表現すれば、「健康である」「子ども好きである」「子どもから好かれる」「あたたかい・明るい」「子どもと遊ぶことを知っている」「他人を包み込むことができる」等です。                                                            

元東京家政大学教授 網野武博 講義より抜粋